総期間コストとは

期間費用は、期間費用とも呼ばれ、製造製品に直接関連しない事業で発生する費用です。 期間原価と在庫との間には間接的な関係があるため、期間原価を製造原価に含めることはできません。 直接製造原価は、それらを製品原価に織り込むことによって記録され、期間原価は費用として記録されます。

経費の種類

期間費用合計には、さまざまな費用が含まれますが、製造間接費は含まれません。 人件費、事務用品、事務用設備の減価償却費を含む管理費は、全期間の費用の一部を占めています。 施設の賃貸料や所得税などの一般費用も期間費用です。 営業担当者の給与、手数料、広告料、その他の販売経費を含むマーケティング経費も、全期間の経費の一部を占めます。

総期間コストの記録

期間費用の合計は、発生した同じ会計期間中に記録されます。 それらは、同じ期間に発生した収益から差し引かれます。 会計士は各経費を別々に記録してから、それらすべてをその期間の損益計算書に表示される合計期間コストに追加します。

製品原価との対比

期間原価は、製造に直接関連する製品原価とは対照的になります。 すべての事業経費は、これら2つの方法のいずれかに分類できます。 製品コストには、製品を製造するために直接使用される材料と製造間接費の他に、組立作業員の作業などの直接の労力が含まれます。 製品原価は在庫勘定に記録され、売上からの利益の見積もりを提供するために売上の収益と比較されます。

重要性

期間費用合計を追跡することは、各会計期間中の事業の純利益を見積もるのに役立ちます。 総期間費用の正確な記録を保持することで、企業が監査の準備を確実にすることもできます。 中小企業でも監査されます。 したがって、たとえ事業がどの程度小規模であっても、期間費用合計およびその他の費用の慎重な記録は、各期間費用の項目別説明とともに重要です。