ビジネスにおける総マージン率とは何ですか?

事業の業績を測定することは、社外のアナリストや社内の財務リーダーにとって重要な関心事です。 経時的なパフォーマンスの変化は、運用および財務戦略がどれほどうまく機能しているか、およびそれらを変更する必要があるかどうかを示すことができます。 中小企業でも、利益と全体的な業績を追跡するために財務比率を自分自身に適用することができます。 トータルマージン比率は、そのような比率の1つで、どの組織でも使用できます。

定義

総利益率は、組織の収益をその費用の関数として調べます。 事業運営からの収益のみを計上する営業利益率とは異なり、総利益率にはすべての情報源からの収益が含まれる。 比率が高いということは、組織のコストが管理下にあり、利益を上げていることを示します。 どのような種類の組織でも、売上と経費の会計データを使用して総利益率を計算できますが、この比率はヘルスケア業界と政府の会計で特に一般的です。

総利益率の基本式は、純利益を総収入で割ったものです。 当期純利益は、費用を差し引いた後の超過収益からなります。 つまり、総利益率を計算するために必要な唯一のデータは、総収益と総費用です。 ただし、このデータを取得することは必ずしも簡単な作業ではありません。 企業はさまざまなソースからの収益を異なる方法で追跡するため、総収益を求めるには、さまざまなソースからの収益を合計する必要があります。

結果を表現する

トータルマージン比率の式の結果を表すには、主に2つの方法があります。 1つは、収益と支出を比較する比率です。 比率を使用した場合でも、損益分岐点のベンチマークは1:1、つまり1.0です。 トータルマージン比率を表すもう1つの方法はパーセンテージです。 ここでベンチマークはゼロになります。 総利益率のパーセンテージは、利益を示す場合はプラスに、損失を示す場合はマイナスにすることができます。 各アナリストは、検討中の質問に基づいて総利益率を表現する最良の方法を選択する必要があります。

意味

総利益率は、組織の全体的な収益性を測定するための便利なツールです。 計算は簡単で、すぐに利用可能なデータが必要です。また、規模の大小を問わず組織を平等な競争条件で比較できます。 ただし、総マージン率は、投資や債務などの他の活動を考慮に入れていません。 アナリストが使用するいくつかの指標の1つにすぎない限り、これは会社の財政状態の分析における有用性を制限します。