論争の声明と責任の理論とは何ですか?

あなたの中小企業が製品を生産するならば、何人かの顧客は彼らが受け取るものに満足していないかもしれません。 顧客は、あなたが生産した製品が損害または怪我を引き起こしたと主張するかもしれません。 そのような場合、顧客は訴訟を起こすことがあります。 次に、顧客の弁護士は、いくつかの考えられる責任理論のうちの1つに基づいて争議の声明を起草します。

責任の理論

欠陥のある製品を含む場合、責任の3つの主要な理論があります:明白な保証の違反、黙示の保証の違反、および過失。 明示的保証の違反は、製品の説明書、広告、ラベル、または包装に記載されている基準を製品が満たさない場合に発生します。 黙示の保証の違反は、製品がその意図された用途を満たすことができないときに起こります。 過失は、会社が製造において合理的な量の注意を払わず、欠陥のある製品を製造するときに起こります。

責任の例

顧客があなたの会社からのこぎりが厚さ8インチまでの板の上で使用するのに安全であると主張する包装であなたの会社から電気のこぎりを購入すると仮定してください。 お客様が6インチボードを切断している最中にのこぎりが誤動作して怪我をした場合、明示的保証に違反します。 合理的な人がそのタイプののこぎりが6インチボードのために安全であると予想するならば、黙示の保証の違反があります。 製材上の欠陥のためにのこぎりが誤動作し、顧客の法務チームが、従業員が注意を払っていないときに欠陥が発生したことを証言によって知った場合、顧客は過失の主張をします。

競合の声明

訴訟の声明では、顧客の弁護士はあなたの会社に対する顧客の主張を説明します。 彼はあなたの製品が引き起こしたとされる損害をリストし、そして彼はあなたの会社が責任を負う理由を説明します。 顧客の弁護士が、製品が複数の責任理論の要件を満たしていると確信している場合、このステートメントに複数の理論を記載することがあります。

厳格な製品責任

一部の州では、弁護士が厳格な製造物責任として知られる別の責任理論を争議声明に含めることを許可しています。 厳格な製造物責任の下で、会社は、会社がその生産において過失であったかどうかにかかわらず、怪我を引き起こすどんな製造上の欠陥に対しても責任があります。 そのような事件から守るために、製造会社は通常、製品が不当に危険ではなかったことを証明しなければなりません。

意図的な虚偽表示

場合によっては、製品を製造している会社がその製品が欠陥または危険であることを認識しており、情報を隠していることを示す証拠があるかもしれません。 そのような場合、裁判所は会社が意図的な虚偽表示または詐欺で有罪と判断することがあります。 意図的な虚偽表示の場合は、他の製造物責任賠償の場合よりも深刻であり、厳しい罰則が科せられることがあります。