成功した小売事業における給与と純利益の比率は?

成功した小売事業の純利益を見ると、多くの要因が関係してきますが、最も重要なものの1つは、給与計算に費やされる金額です。 小売業では、給与は単に従業員をカバーしていません。 それはまた、事業の経営者および所有者も含みます。 より多くのお金が給与に費やされているほど、ビジネスの純利益は少なくなります。

給与計算

給与は、小売業における純利益を含むあらゆる方程式の重要な要素です。 事業のために可能な限り最高の人員に支払うことが必要である間、給与にあまりにも多く費やすことは利益を減らします。 一般的な経験則では、サービス事業者は本番事業よりも給与を支払うことができるというのが、一般的な経験則ですが、給与に支払うべき正しい金額を見つけることは個々の問題です。 これは、サービス事業者が実際に製品を製造していないためであり、これによって製品のオーバーヘッドが削減されます。

給与を減らす

それがビジネスの純利益を増やすことになると、これを達成するための一つの方法は給与に費やされているお金の量を減らすことです。 たとえば、ある従業員が15人で、給与計算に月3, 000ドルを費やしている場合、従業員数を減らすと、毎月給与計算に費やすお金が少なくなります。 しかし、利益のトレードオフは、従業員の作業負荷の増加につながり、その結果、労働者の不満が高まります。

品質担当者

売上と給与の間にも関係比率があります。 売上を上げるには、給与計算の担当者が十分に訓練された有能な人物でなければなりません。 ビジネスで訓練を受けた人員への支出を減らして純利益を増やそうとすると、一時的にわずかに利益が増加することがありますが、質の高い人員がいなければ、長期的な利益は得られません。

比率を調整する

成功する企業は、合理的な諸経費とともに、妥当な給与費用を持っています。 給与経費が増加し始めた場合、企業は収入を増やす方法を見つける必要があります。 そうでなければ、事業は利益を失い始める。 より高い給与経費に対抗する1つの方法は、顧客が支払う商品またはサービスの価格を上げることです。 しかしこれを行うことは顧客基盤を疎外する危険性があり、そして多くの企業はその道を進むことに消極的です。 代わりに、企業はより高い給与コストのバランスをとるためにより安い材料を使用するかもしれませんが、このアプローチは製品の全体的な品質を低下させます。 繰り返しになりますが、これは顧客基盤の縮小につながる可能性があります。