法定会計システムとは何ですか?

法定会計原則は、本社がある州の保険コミッショナーまたは保険規制機関に財務諸表を作成するときに保険会社が従わなければならない法的に定められた規則に基づいています。

NAIC

米国保険委員会協会は、法定会計原則の解釈および許容基準の新たな声明の提案を担当しています。 この組織は、各州、コロンビア特別区、および米国の各地域の最高保険監督当局から構成される全国的な規制支援組織です。 法定会計システムは、この組織によって標準として採用されている原則に基づいています。 法定会計システムは、財務報告規則を管理する特定の州法の側面により、州によって違いがあります。

保守主義

法定会計原則は、一般に認められている会計原則よりも保守的です。 規制当局は、保険会社はいつでも請求の猛攻撃に直面する可能性があると推論し、引当金は需要を満たすのに十分でなければなりません。 財務諸表はあたかも会社が清算中であるかのように価値を示しています。 株式または債券への投資は、通常、低い方の原価または時価で計上されています。 備品、調度品およびのれんは、財務諸表では考慮されていません。 将来の収益は法定会計原則のもとでは重要ではありません。 一例として、将来の補償のために支払われる保険料は前もって実現されない。 一方、保険の売却に関連するすべての費用は、売却時に計上しなければなりません。 保険会社の持分は、所有者持分または株主持分ではなく、保険契約者剰余金と見なされます。