中小企業のための初期費用と長期資金調達オプションは何ですか?

中小企業を始めて成功した組織へと成長させることは困難なプロセスです。 起業家は、自分のビジネスアイデアの実行可能性および運用を最適に開始する方法を計画して評価するために、膨大な時間を費やす必要があります。 スタートアップコストの計算と長期的な資金調達オプションの評価は、中小企業計画における2つの重要な部分です。

事実

中小企業の立ち上げ費用は通常、起業家の事業計画で概説されています。 事業計画には通常、事業に必要な特定の品目、およびこれらの品目が事業を開始するのにかかる費用の金額に関する情報が含まれています。 この計画は多くの場合、スタートアップ資金調達を確保するために銀行、貸し手、または投資家に提示されます。 起業家は通常、ビジネスの最初の数ヶ月で必要とされるであろう余分なアイテムからスタートアップコストを切り離します。 これにより、貸し手と投資家は、さまざまな事業経費に対してどれだけの資金が必要かを明確に把握することができます。

特徴

中小企業のためのスタートアップコストは通常​​、現在の経済的要因におけるビジネスの種類に依存します。 ただし、いくつかのスタートアップコストはすべての中小企業に共通しています。 これらの費用には、賃貸料、施設の改善、従業員の給与または賃金、設備費、消耗品、在庫品、広告、免許および許可または事業保険が含まれます。 起業家はまた、事業費の最初の6〜8ヶ月を見積もることを決定するかもしれません。 この見積もりは、起業家にビジネス資本のニーズに関するより良い理解を提供します。

資金調達の種類

中小企業の所有者は、借金と資本の2種類の長期資金調達を利用できます。 債務融資は通常、さまざまな事業ニーズに対する銀行または貸し手の融資に関連しています。 起業家は、多くの場合、中小企業のラインを実行するスタートアップコストやその他のビジネスニーズのための借金を確保しています。 エクイティファイナンスには、ベンチャーキャピタリストまたは民間投資会社からの直接の設備投資が含まれます。 事業主や投資家はしばしば、投資の金額と期間を概説するために書面による契約書を使用します。

検討事項

起業家は、本格的な業務を開始するのではなく、趣味や副業として事業を始めることを検討する必要があります。 起業家は、小規模から始めることで、自分のビジネスアイデアが経済市場でどの程度うまく機能するか、およびビジネスモデルにどのような変更が必要になるかを評価できます。 起業家はまた、外部からの資金調達の必要性を回避しながら、営業利益を通じて事業を拡大することができます。 外部資金を回避することで、起業家は外部資金を確保するために担保を提供する必要がなくなります。

エキスパートインサイト

スモールビジネスアドミニストレーションは、スモールビジネスの起業家のためにいくつかのリソースを提供しています。 これらのリソースには、初期費用の計算に関する情報、利用可能な資金調達の種類、および中小企業の管理に関する情報が含まれています。 SBAはローン保証プログラムも提供しています。 このプログラムは、銀行にセキュリティを提供し、中小企業ベンチャーに融資を提供します。 ローンの債務不履行になっている中小企業は、銀行ローンをSBAが支払うことになります。 その後、事業主がSBAの返済を担当します。