トータルクォリティマネジメント論

総合品質管理(TQM)は、顧客満足と従業員エンゲージメントに焦点を当てたプロセス中心の管理アプローチです。 TQMの基本は、人ではなくプロセスが品質エラーのせいにすることです。 また、プロセスを継続的に見直すことで、カスタマーエクスペリエンスが向上します。 TQMの中心テーマは、再作業を避けるために最初にタスクを正しく実行することです。

TQMパートナーシップ

企業は、生産性の向上と顧客満足度の向上を通じて成功を収めるために、TQMに長期的なコミットメントをしなければなりません。 これは、組織の大きな変更であり、経営陣はもはや作業を割り当てずに完了のための手順を決定します。 代わりに、それはプロセス改善を通して欠陥ゼロの共通の目標に向かって一緒に働いているマネージャー、従業員、ベンダーと顧客のパートナーシップです。 それは、タイトルに関係なく、すべての利害関係者の知識と経験を大切にします。

従業員エンゲージメント

TQMは、経営陣がプロセス改善の促進における従業員の知識と経験を重視する場合に最も成功します。 問題を特定して是正措置を推奨するようスタッフに権限を与えることで、経営陣はすべての答えを持っているわけではなく、作業を行う人々は冗長性または非効率性がどこにあるのかを知っている可能性が高くなります。 従業員は受動的な参加者ではなく、組織の成功における利害関係者になります。

TQMの課題

TQMは時間がかかるプロジェクトであり、組織全体にメッセージを伝達するというリーダーシップの取り組みが必要です。 経営陣の交代やビジネスの気をそらすことにより、焦点が合わなくなると問題が発生します。 また、会社はそれが継続的なプロセスであることを認識しなければなりません。 新入社員はTQMの考え方に教義を持たせる必要があります。 チームメンバーは心を開いて平等と見なされる必要があります。 TQMは自我がドアに残っていない限り動作できません。

エージェントを変更する

品質理論の有名な専門家であるW. Edwards Deming博士は、職場での恐れを取り除き、スタッフ間の障壁を取り払う、14項目の総合的な品質管理を開発しました。 。 総合品質管理は、変化を制定する責任を持つ人々と同じくらい優れています。