全レベルの管理の総合的品質管理

総合品質は、顧客とのやり取りの品質を完全に最適化しようとするアプローチです。 これは、顧客エクスペリエンスと顧客関連プロセスを調べて、それらをどのように改善できるかを判断することによって実現されます。 総合的な品質には、測定基準を確立し、顧客重視のプロセス、製品、およびサービスの提供を定期的に評価することも含まれます。

参加と受容性

組織全体の総合的な品質への取り組みを組織するためには、企業のすべてのレベルが改善の必要性を認識し、変化する意思がある必要があります。 このコミットメントを確実にするために、全従業員は改善の必要性、個々の従業員が改善するために何ができるか、そして品質がどのように測定されるかについて教育されなければなりません。 トップマネジャーは、自らの意欲を示すことで、社員がその取り組みに興奮するように励ますことができます。

製造工程で許容される欠陥数を決定するなど、特定の品質目標を設定する必要があります。 継続的なコミットメントを得るために、質の高い努力は早期の成功を達成することに集中しなければなりません。

受容性

総合的品質の組織を構築することの利点は、それが会社が市場で競争力を維持し、効率を改善し、そして利益を維持するのを助けるということです。 従業員は仕事に誇りを持っているため、士気と顧客維持率も向上します。

設計

品質を整理するには、高品質基準を採用し、品質への取り組みを調整する責任を負う担当者を任命し、品質目標に焦点を当てるために各部門の代表者とチームを編成する必要があります。簡素化され、顧客のニーズにより即応するようになりました。 少なくとも1年に1回は、顧客の質についての意見と顧客との関係を改善するための推奨事項について顧客を調査するべきです。 これらの結果は全従業員に共有されるべきです。

警告

企業は、既製の品質管理アプローチが彼らのニーズを満たすと仮定するべきではありません。 すべての会社とそれらの現在の品質レベルはさまざまです。 品質改善は継続的な努力と見なすべきです。