総原価と総収益法

財務諸表を発行し、一般会計原則(GAAP)の対象となる企業は、特定の会計期間の収益を認識する前に、いくつかの基準を満たす必要があります。 会社が負担する総費用またはその総収入を収益認識の基礎として使用するさまざまな方法があります。 しかし、収益認識のすべての方法は、財務会計の基本原則を遵守しなければなりません。

収益認識の基本

財務会計原則では、企業が適切な会計期間に確実に収益を報告するようにしています。 すべての収益認識方法では、会社が収益を獲得して認識した後で最も早い時期に収益認識が行われることが要求されます。 たとえば、会社は、約束したサービスを完了したとき、または商品を配達したときに収益を得て、それによって交渉または契約の側面を完全に実行します。 ただし、企業が収益を獲得したとしても、実現可能でない限り収益を報告することはできません。つまり、債権の金額は固定されており、回収可能です。

完了した契約方法

完成した契約方法は、総収益認識方法の代表的な例です。 この方法では、報告する前に、プロジェクトまたは販売の総収入を受け取る報告期間まで待つ必要があります。 例えば、ある企業が建設事業を営んでいて、15階建ての建物を建てるための入札に勝った場合、その建物が完成するまで、完成した契約方法に基づいて収益を報告することはありません。 したがって、プロジェクトが3年間続く場合、会社は3年目まで収益または費用を報告しません。

コスト回収方法

会社が収益を実現するかどうかについて懸念を持っている場合、たとえば、会社がクレジットを拡大して支払不能になった場合のように、コスト回収方法は、会社が販売の総コストを回収するまで待つことに代わる方法を提供します。総収入を受け取ります。 たとえば、製造業者の場合、会社はその売上金額まで販売を行った時点で収益を記録します。 ただし、売上総利益を超える最初の支払いを受け取るまで、売上からの利益は報告されません。 したがって、5, 000ドルの売上のコストが3, 000ドルの場合、会社は売上時に3, 000ドルの収益を計上します。 顧客が年間1, 000ドルの支払いを行う場合、4年目と5年目に1, 000ドルの支払いを受けたときに、その会社は2, 000ドルの利益を認識します。

原価対原価法

長期プロジェクトのために一定期間にわたって収益を受け取る企業は、原価対原価法を使用して収益を認識することもできます。これにより、最終的に発生した総コストの比率に等しい収益の割合を認識できます。プロジェクト期間の合計 たとえば、あるプロジェクトの総コストが100万ドル、総収益が400万ドルであると予測した場合、レポート期間の終了時に500, 000ドルのプロジェクトコストが発生した場合、200万ドルの収益を認識できます。