総資産と総負債

総資産と総負債を議論することは、バランスシートの戦術を熟考することにつながります。 強力な貸借対照表を使用すると、会社は収益を上げ、収益の減少を止め、競合他社の市場占有率を徐々に低下させるために、その財源を活用することができます。 内部の営業不振や不利な経済環境を管理するこの能力は、信用リスクや破産を心配する投資家や貸し手の懸念を和らげるのに大いに役立ちます。

総資産と総負債

ある会社の資産は、現金や商品から、生産設備、顧客の債権、知的財産、そしてコンピューター機器まで、あらゆる分野にわたります。 負債合計には、社債、コマーシャルペーパー、給与、未払税金および仕入先未払金が含まれます。 総リソースは総負債とは異なりますが、どちらの項目も営業活動に関連しています。 企業は通常、資産を購入するために借りたり、資本を調達したり、あるいは自分のお金を使ったりします。 資産と負債の両方が貸借対照表に流れ込むという事実に、もう1つの近接領域があります。

財務状態

このデータの要約では、ソルベンシー、効率性、流動性など、財務の健全性を示す3つの要素についての洞察が得られるため、財務担当者は貸借対照表を参照するときに「財政状態計算書」または「財政状態計算書」という用語を使用します。 溶剤事業は、負債または財務契約である負債合計よりも資産合計が多い。 流動性は、財源と資本を同一にするために組織が頼っているツールに関係しますが、効率は時間、エネルギー、お金を無駄にしない事業の象徴です。

純資産における無形資産の分解

会社の財政状態計算書をくまなく調べると、有形資産だけでなく無形のリソースも見られます。 無形の品質にもかかわらず、商標、顧客のれん、契約独占権などの非物理的なリソースがそれを総資産にし、企業の純資産に貢献します。 これは、ビジネス解説者がコーポレート・エクイティと呼ぶ方法で、総資産から総負債を引いたものです。 溶剤事業は常に正味の純資産を持っています。

人事

人事管理は、法的に準拠した貸借対照表の作成と報告において重要な役割を果たします。 企業のリーダーシップは、資産と負債のデータを記録し、簿記の問題を報告し、法律を順守し、正確な財務諸表を公表する方法を従業員に示すための具体的なステップを踏みます。 採用方針、継続的なトレーニングおよび業績評価のシステムも、財務報告およびバランスシートの作成において質の高いものを確保するのに役立ちます。 貸借対照表以外に、企業は各四半期および各会計年度末に、損益計算書やキャッシュフロー報告書などの他のデータ要約を公表しなければなりません。