生産性向上会議のトピック

企業の利益最大化の重要な要素は、さまざまな人員および部門が集まり、改善が必要な分野と改善の可能性がある方法を特定できることです。 そのような協議を容易にするために、会社は生産性会議を開くかもしれません。そこで、会社の人員は彼らの最も差し迫った懸念について話すことができます。 生産性の高い会社を設立するための最初のステップは、生産性の高い生産性会議を開催することです。そのため、そのような会議には何が必要かを明確に考える必要があります。

従業員のモチベーション

企業の生産性の最も基本的な側面は、従業員が生産的であるように促す能力です。 時間ごとの従業員は、実際の仕事量に関係なく、1時間ごとに同じ金額を稼いでいます。 雇用主は、従業員がそうするインセンティブがほとんどない場合、従業員が高いレベルの生産性を維持することを期待すべきではありません。 仕事を失うことへの恐怖はある程度従業員を忙しくさせるかもしれません、しかし彼らは本当に生産的になるために本当の積極的な強化をしばしば必要とします。 雇用主は、昇給を提供し、高いレベルの生産性に対してボーナスを与え、または最も信頼できる従業員を認識することによって、そのような動機を喚起することができます。

生産効率

生産性の欠如は、生産システムに固有の非効率性から直接生じることがあります。 たとえば、組立ラインに不要なまたは冗長なステップが組み込まれていると、リソースや時間が無駄になり、生産価格が上昇し、生産時間が長くなる可能性があります。 このような問題は、1つの操作項目が複数の部門にまたがる場合や、複数の関係者が操作の特定の側面を専門とするのではなく、1人の人物または1つのグループで複数のタスクを実行する場合に発生します。

情報の流れ

企業が成長するにつれて、専門化によって生産性を向上させる能力がますます高まっていますが、コミュニケーションが取れなくなると、専門の人材が多数いることも逆効果になる可能性があります。 このため、生産性会議で達成すべきことの1つは、人員と部門の間で信頼できる構造とプロトコルを構築することです。

資産配分

すべての会社は流動性と非流動性の両方の限られた量の資産で仕事をしなければなりません。 企業がさまざまな事業に投資する金額を選択する必要がある場合、これが問題になります。 このため、効果的な生産性会議には、企業運営のさまざまな側面の収益性に関する議論を含める必要があります。 たとえば、ある事業が収益性の歴史を持っていても、その収益性がごくわずかであれば、会社は資産を事業の他の側面に再配分することを検討する必要があるかもしれません。 逆に、そのような限界利益率は投資の不足から直接生じるかもしれません。 時々投資の増加はリターンのレベルの向上をもたらすかもしれません。 会社運営のさまざまな側面を扱う人員は、生産性会議でそのような可能性をすべて話し合うべきです。