会社が持つべき最高の価値

徳は個人の成長の問題ではありません。 それらは商習慣にも適用できます。 事業の最大の長所は、事業が営まれる積極的な方法について語っている実践と方針です。 これらの長所が何であるかを理解することは、継続的な成長と全体的な企業の成功の中核的要素です。

最高の価値を特定する

全体的な美徳は会社の種類によって異なります。 特定の業界全体の標準になると、会社にとって重要な美徳は、たとえば配管会社とFortune-500金融機関とでは異なる場合がありますが、どの会社にとっても重要ないくつかの優れた美徳があります。 プロフェッショナリズムは他人との取引におけるあなたの専門知識、能力および礼儀を反映しています。 企業は、新しいアイデアを検討し、ビジネスへのアプローチにおいて独創的であるというあなたの意欲によって特徴付けられます。 多用途性は、あなたの業界内のあらゆる分野で優れた能力を発揮します。 忍耐力は、厳しいビジネス環境の中で持続する能力を示しています。これはすべての企業にとって避けられないことです。 持続可能性はあなたのイニシアチブとあなたの二酸化炭素排出量を減らす能力によって特徴付けられます。 倫理基準は他のすべての美徳を上にして監視し、公衆、スタッフ、およびビジネス仲間とのすべての取引を浸透させます。

意義

ビジネスにおけるすべての優れた長所のポイントと目的は、ビジネスが提供する製品やサービスに関係なく、成功するためにはクリーンで倫理的かつ専門的な運営を行うことが重要であるということです。 最高の美徳、またはその欠如は、従業員の扱い方からビジネスの方針および手順まで、ビジネスのあらゆる側面にまで及んで影響を与えます。 美徳は上から始まります。 美徳は、ビジネスの中核的な「パーソナリティ」の一部と見なすことができます。そして、それらは、役員や管理職にとってのものと同じくらいランクとファイルにとって重要になるでしょう。 ビジネスとしてのあなたの立証された美徳は、あなたの業界の公企業や他の企業があなたをどのように見ているかを実証し、そして最終的に彼らがあなたとビジネスをする意思があるかどうかを決定できます。

徳とスタッフ

あなたの会社はこれらの美徳を持っているかもしれませんが、それはあなたのスタッフを通しても明らかにされることが重要です。 あなたの従業員ハンドブックにあなたの期待される美徳を含めるべきであるだけでなく、あなたは全スタッフ会議でそれらをしばしば議論するべきです。 会社としてのあなたの美徳がなぜ重要であり、そして従業員がビジネス界全体で彼らの取引においてそれらの美徳をどのように示しているかを繰り返してください。

追加の考慮事項

テクノロジーを交換し、ビジネス慣行を進化させる今日の時代に、会社を特定の長所や倫理基準に拘束することは、昨年のビジネス慣行への後退のように思えるかもしれません。 ただし、最高の美徳は依然として企業の事業活動の中核をなすものであり、それらを確立することは、事業全体の正しい方向性を確実にするための企業の使命声明と同じくらい重要です。