政策決定へのトップダウンアプローチ

政策決定を下すことは、管理にとって必ずしも単純なプロセスではありません。 あなたの会社は、最終計画を策定する前に従業員からの提案を含めることを選択するかもしれません。 この方法は時間がかかる可能性があり、従業員からの多くのアイデアを検討することと、全員に役立つポリシーを普及させることとの間で微妙なバランスが必要になります。 あるいは、トップエグゼクティブは、ポリシーが策定された後で、下位レベルの従業員からの情報なしに、スタッフに通知することが最善の方法であると判断する場合があります。

定義

独裁的指導者としても知られている、政策決定へのトップダウンアプローチは、職場またはビジネスシステムを変更または改善する独立した結論に達する、上級管理職または最高経営責任者のプロセスです。 ポリシーはすべての従業員または1つの部署のみに影響を与えます。 下位レベルの管理者は、各自のセクションに対する推奨事項への入力や部署データの提供を行うことができますが、トップダウンアプローチでは決定を下す権限が与えられません。 それは組織全体の担当者にかかっています。

利点

トップダウンの管理スタイルで運営されている企業では、従業員は会社の方向性について話し合い、新しい方針の策定に意見を出すために会議に出席するのではなく、職務の遂行に時間を費やすことができます。 また、一部のスタッフのアイデアが使用され、他のスタッフのアイデアが使用されない理由を説明するのに会社の時間を節約します。 厳しく規制されているか、または考慮すべき多くの法的問題を抱えている企業は、このスタイルの管理が彼らにとって有利であると考えるかもしれません。 弁護士や会計士などの主要人物が、複雑な状況のために政策決定について相談を受けなければならない唯一の要員である場合、職員が関与することは建設的ではないでしょう。

デメリット

ポリシー決定のためのトップダウンアプローチにはいくつかの欠点があり、すべての企業にとって理想的なわけではありません。 組織内で変更を実行することができる、または従業員の意見に深刻な影響を受ける管理があなたのビジネスに欠けている場合、独裁的な形の意思決定が欠点になる可能性があります。 さらに、トップダウンのアイデアを全従業員に提示する前に、慎重に調査および分析する必要があります。 新しい政策が成功しないと、意思決定プロセスが無力になるため、スタッフのパフォーマンスが低下する可能性があります。

代替案

トップダウンのポリシー決定への代替アプローチはあなたの会社により適しているかもしれません。 ボトムアップの実装プロセスは、トップダウンのアプローチの逆です。 従業員はボトムアップスタイルの変更の推進力です。 その他のアプローチには、問題を解決しプロセスを改善するために使用される入力についてスタッフに相談するものが含まれます。 経営陣が従業員が方針決定に容易に同意することを望んでいるとき、スタッフメンバー間の合意は、実施前にすべてのレベルの従業員による変更および合意を可能にする。