三段総合供給カーブ

総供給曲線はマクロ経済学における概念であり、総需要曲線を追加することで、経済における価格と量の均衡レベルを示すことになります。 国内総生産(GDP)の変化の分析にも使用されます。 総供給曲線は、2段階、場合によっては3段階を使用して導き出されます。 これらの段階は、短期、中期、および長期の総計供給として定義されます。

総供給曲線

総供給曲線とは、商品やサービスの量と価格との関係を表すマクロ経済学で使用される用語です。 要するに、それは与えられた価格水準で特定の財のどれだけを生み出すことができるかを表しています。 グラフでは、価格がy軸に表示され、数量がx軸に表示されている場合、総供給曲線は上向きに傾斜しています。 直線は直線ではありませんが、y軸と交差した後は小さな勾配で始まり、量が増えるにつれて徐々に急勾配になります。 曲線は最終的にほぼ垂直になります。 この勾配の変化は、総供給量が3段階に分けられるという事実によるものです。 各段階はさまざまな要因の影響を受けます。

第一段階:短期的な総計の供給

集約供給曲線の最初の段階は短期集約集約供給として知られ、しばしばSRASと略されます。 経済学者の中には、これをケインズ派の舞台とも呼ぶ。 企業は生産に利用可能な2つの資源、すなわち労働力と資本を持っていると仮定されます。 短期的には、企業は労働力を増やすことができるだけで資本を増やすことはできません。 これは、建物や機械などの資産を含む資本の実装に時間がかかるためです。 また、賃金は短期的には静的であると想定されているため、労働力の増加は数量の増加のみをもたらし、価格の増加はもたらさない。 この段階でSRAS曲線がほぼ水平になるのはこのためです。

第2ステージ:中程度の総計供給

SRAS曲線とは異なり、資本の量を変更できるようになったため、中程度の総計供給量(MRAS)は中間レベルと見なされます。 しかし、SRAS曲線と同様に、賃金はすぐには変更できませんが変更することができます。 労働者に昇給するのに時間がかかると思われます。 これはスティッキー賃金として知られています。 その結果、MRAS曲線はSRAS曲線よりも急峻な傾きを示しますが、長期的な総計供給曲線ほど急な傾きではありません。

第3段階:長期にわたる総計供給

総供給曲線の第3段階および最終段階は、長期集約供給曲線(LRAS)として知られています。 長期的には、労働、賃金、資本はすべて管理可能であると考えられています。 さらに、長期的には技術的な進歩は避けられません。 技術は、労働力と資本を一定に保ちながら、生産レベルを上げる効果があります。 これは、技術の向上により製造プロセスがより効率的になるためです。 その結果、LRAS曲線はほぼ垂直線になります。 技術の進歩に伴い、この垂直線は右に移動します。 縦線は、生産された商品の特定の数量がどの価格レベルでも達成可能であることを示しています。