小規模の在宅ビジネスのためのスタートアップのアイデア

家からビジネスを始めることはあなたがオフィスのオーバーヘッドでお金を節約することを可能にします。 あなたが小さな家を拠点とする事業を始めることを決心する前に、あなたの家が商業目的のために使われることができることを確かめるために地元のゾーニング当局に相談してください。 あなたがあなた自身の会社を始めてもらうためにあなたが選ぶことができる小さい在宅ビジネスのためのスタートアップのアイデアのリストを作りなさい。

工芸

あなたの芸術品や工芸品の趣味を使った在宅ビジネスは、始めるための作業領域、物資、ノウハウをすでに持っているので始めるのに十分簡単です。 ホームクラフト事業のためのいくつかのアイデアは、ギフトバスケット、木彫り、製パン事業、絵画、写真撮影、ろうそくの製造を含みます。

過去の雇用

小規模のホームベースの新興企業は、自分でできることが一番良いものです。 自分の過去または現在の職務経験を活用して、フルタイムに成長する可能性のある自分のパートタイムの在宅ビジネスを確立することができます。 在宅ビジネスの良い過去のキャリアの例としては、経理、税務準備、セールスコンサルティング、独立販売員、財務アドバイザーなどがあります。

サービス会社

人々が忙しくなるにつれて、在宅サービス事業を創設することによって利益を得ることができます。 あなたが始めることができるいくつかのサービス事業はあなたが人々の用事を実行するパーソナルまたはビジネスコンシェルジュサービス、犬の散歩サービス、ホームデイケアビジネス、あなたがインターネットを使用して忙しいエグゼクティブのために仕事をする仮想アシスタント家やオフィス。

配達サービス

あなたが信頼できる交通手段を持っていて、あなたが適切な自動車と賠償責任保険に加入するならば、あなたは自宅からあなた自身の配達サービスを始めることができます。 1時間以内に到達できる配信範囲を確立し、クライアントを探し始めます。 いくつかの潜在的な顧客は配達人を顧客の配達オプションとして従業員、地方自治体のオフィスおよび食料品店としてではなく配達人を追加したいと思う種類のフラワーショップまたはピザビジネスを含む。

スキルを使う

あなたが音楽を読むことができるミュージシャンであれば、自宅からあなた自身の音楽教育事業を始めることを検討してください。 家の修理をすることに自信を持って感じるだれでも家の便利屋ビジネスを始めることを考慮することができます。 他の人がイベントを企画するのを手助けすることを楽しむならば、あなたはパーティーやウェディングプランナーになることができます。