デイケアセンターを開くための開始費用

デイケアセンターは、収益性の高いビジネス活動になる可能性があります。 どのような初期費用がかかり、あなたがあなたの事業にどのように資金を供給するかなど、デイケアセンターを開設する決定を下す前に、多くの重要な要素が考慮されるべきです。 何百万もの働く親が子供たちの世話をするための計画を立てなければならず、このタイプのセンターを大きなビジネスの可能性にしています。

場所を選択する

あなたのデイケアセンターの場所は、スタートアップ費用を計算するときに重要な考慮事項です。 デイケアセンターは、家から、店頭で、または既存の事業の一部として運営することができます。 施設を建設し、その建物が現地の安全規制を満たしていることを確認する場合は、建設費を計算する必要があります。 施設を借りる場合は、家賃を予算に含めてください。 あなたがあなた自身の家から操作することを計画しているなら、それは追加の部屋を追加することによってあなたの家を改造することが必要かもしれません。

法定費用

デイケアセンターを開設するための合法的な開設費用には、あなたが運営している州によって要求される許可およびライセンス料が含まれます。 あなたは賠償責任保険をかけるように要求されるかもしれません。 火災や盗難保険をかけることもお勧めです。 自分の州の要件については、州のライセンス部門に確認してください。 さらに、州の検査は免許のあるデイケアセンターに対して行わなければなりません。 必要な州の検査には、火災、健康、運動場および給湯器の検査、ならびに鉛リスク評価が含まれます。 必要な検査は州によって異なります。

営業経費

新しいデイケア事業から利益を得るまでにはしばらく時間がかかるかもしれません。 従業員の賃金、家賃、光熱費、その他の育児用品(食品、リネン、応急処置用品など)を含む、営業経費を支払うためのスタートアップ資本が必要です。 あなたはあなたのデイケアセンターを始めるためにいくつかの機器に投資しなければなりません。 必要な備品および備品には、家具、事務備品および備品、椅子、玩具、本、寝室、教育用品、使い捨ておむつおよびパッド、ならびにその他の必須保育用品が含まれます。

広告宣伝費

広告は、デイケアセンターを開設するために不可欠な初期費用です。 地元の新聞に広告を掲載したり、チラシを配布したり、名刺を印刷したり、有料のラジオ広告やテレビ広告を制作したりして、新しいデイケアセンターに関する情報を広めてビジネスを引き付けましょう。 確立された顧客を獲得したら、新しいビジネスの大部分は口コミによってもたらされます。