スモールクーリエ会社の設立

中小宅配会社は、彼らが顧客に提供する個別化された注意のために繁栄します。 予定外の同日配達は、国営企業では入手できませんが、小規模の宅配業者では日常的なものです。 多くの人は、個人的に知っている人や機密の品物を配達することを信頼している人を使うのがより快適です。 冷蔵や医薬品の輸送などの特別なニーズは、地元の市場でニッチな機会をもたらします。 あなたが机に縛られたくない、そして厳しい締め切りの見込みでアドレナリンラッシュを取得したくないならば、それから小さな宅配便を開くことを考えてください。

1。

どのような種類の品目を輸送するのか、および地理的な地域を決定するのかを決定します。 考慮すべきことは、生物学的危険物、化学品、または腐りやすい品物など、パッケージのサイズと内容です。 満たされていないニーズに対処するために競合他社が提供しているものを調査します。

2。

提供されるサービスに基づいて信頼できる車を購入またはレンタルする。 生鮮食品の冷蔵など、必要な機器を用意してください。

3。

許可とライセンスを取得します。 管轄によって異なるため、要件については地方自治体および州当局に確認してください。 事業を開始する前に職業免許が必要です。 各運転手には運転免許証が必要です。 いくつかの州では宅配便免許が必要であり、食品、医療品および生物学的危険物の輸送には追加の規制が存在する可能性があります。

4。

保険に加入する。 個人的な責任の自動車保険に加えて、自動車は商業的に使用されているので、職業保険が必要です。 輸送品目の補償範囲も重要です。 適切な種類と補償額については、保険代理店に確認してください。

5。

日々異なるスケジュールのニーズを満たすために、独立した請負業者を雇うことを検討してください。 アメリカのメッセンジャークーリエ協会は、独立した請負業者の地位が維持されるようにするためのベストプラクティスの概要を説明しています。 税務上の責任は、従業員と独立請負業者とでは異なります。

6。

配達を予定し、運転手と通信するための信頼できる方法を確立しなさい。 顧客用の電話回線を専用にします。 双方向通信装置を介して運転手に配達要件を派遣する。 配達時間を正確に見積もるためにソフトウェアを使用してください。

7。

広告サービス 配送車両に磁気標識を付けます。 宅配便が開いたらニュースリリースを送ってください。 あなたのサービスを必要とする医師、弁護士、建築家、製造業者および他の企業に連絡してください。 見込み客にパンフレットや名刺を提供する。

必要なもの

  • 車両
  • ライセンスと許可
  • 保険
  • 電話回線
  • 双方向通信システム
  • ルートをマッピングするためのソフトウェア
  • 宣伝用の資料

ヒント

  • 事業を理解するために、確立された会社と独立した請負業者として働くことを検討してください。
  • プロのイメージを提示するために制服を着用してください。
  • Webサイトを追加して、顧客が荷物の配達を追跡できるようにします。