新しい住宅リフォーム事業のためのスタートアップのヒント

あなたは住宅リフォーム業者としてあなた自身の事業を始めることを夢見ますか? あなたがハンマーに慣れていても、考慮すべきいくつかの非常に重要な問題がまだあります。 中小企業の所有者として、あなたはあなたのベンチャーを実行することに関連するすべての詳細に対して責任があるでしょう。 今後の課題に備えておくことは、将来の問題を最小限に抑えるための円滑な開始を確実にするのに役立ちます。

フランチャイズ

改造フランチャイズを開くことを検討してください。 すでに活発な顧客基盤を持っており、最初から収入を生み出す既存のフランチャイズを購入する。 フランチャイズは、通常、マーケティングの手助け、簿記の手助け、さらには顧客の発見を手助けする本社の支援を受けています。 多くのフランチャイズは確立された地域で機能するため、あなたが働きたい地域にフランチャイズがあるかどうかを会社に確認してください。

ライセンス

住宅リフォーム事業を開始するには、地方自治体の事務所にあなたの会社を登録する必要があります。 ほとんどの場合、DBAまたは「事業を営む」証明書を提出する必要があります。 あなたはあなたの会社名で銀行口座を開設し、あなたのビジネスへの支払いを受け取ることができ、あなたがあなたの個人用アカウントとビジネス用アカウントを分離することを可能にします。 多くの顧客や請負業者は、特定の職場で働くためには賠償責任保険を受けるように要求しています。 あなたの保険代理店と適切な補償について話し合ってください。 改造工事を公に勧誘するには、請負業者の免許も必要です。 あなたが始めるためにあなたが請負業者の免許証を必要とするかどうか見るために地元の免許事務所にチェックしてください。

他の請負業者とのネットワーク

乾式壁を設置するのは得意ですが、電気工事をするのはそれほど便利ではないかもしれません。 他のリフォーム専門家と交流して、さまざまな仕事に就くことができます。 ゼネコン業者はしばしば彼らの顧客からより小さな仕事を生み出すが、むしろそれらを扱うためにより小さな改造会社に彼らを与えるでしょう。 安定した業務の流れを作り出すために、あなたの地域のより大きな請負業者と連絡を取ってください。