空調事業の立ち上げ費用

空調事業は、新築または既存の建物に新しい空調設備を必要とする顧客、または古い空調設備の修理と修理を必要とする顧客にサービスを提供します。 あらゆる種類の事業と同様に、空調事業は立ち上がって稼働するために現金の前払い費用を必要とする。

事業の種類

空調事業はいくつかの形態をとることができ、それは新興の価格に影響を与えるでしょう。 サービスや修理を専門とする人もいれば、新しいユニットを販売したり設置したりする人もいます。 どのタイプの事業を開始する予定であっても、同じ基本的な開始費用が発生することがあります。 これにはビジネスライセンスが含まれます。これは、自宅で仕事をしたり、ビジネスをパートタイムプロジェクトとして運営している場合でも必要になります。 事業許可率は州によって異なります。 いくつかのエアコンスタートアップは大手エアコン会社のフランチャイズであり、それはライセンスに数千ドルかかるかもしれません。

総経費

Entrepreneur.comによると、空調事業のための典型的なスタートアップ費用は2, 000ドルから10, 000ドルの間です。 しかし、あなたがフランチャイズに加わることを考えているならば、バイインコストはどこでも50, 000ドルから80, 000ドルまで及ぶことができます。 これは、潜在的な事業主が、セカンドモーゲージ、投資資産の売却、または個人向け銀行ローンの取得など、個人的な資金調達を通じて調達できる範囲内である可能性があります。

コストの種類

あなたが開始することを選択した空調事業の種類は、あなたが直面する特定のコストに影響を与えます。 例えば、あなたが修理サービスを提供するならば、あなたは一般的な手の道具、電気道具と安全装置を含む道具のフルレンジを必要とするでしょう。 空調修理サービスはまた、怪我や顧客の財産の損害に関連する費用から労働者を守るための保険をかけるべきです。 新しいユニットを販売する空調事業では、必要に応じて顧客に提供できる部品とエアコンの在庫を支払う必要があります。 在庫を安全に保管する場所も必要です。保管スペースを借りるか、自宅にセキュリティシステムを設置する必要があります。

将来の費用

あなたのエアコン事業が確立されたら、あなたは拡張のための将来のコストをカバーする財務計画を作成することができます。 これには、より大きなスタッフ、販売するエアコンについて顧客が知るためのショールーム、または家庭内設置や修理訪問を処理するための車両の艦隊が含まれる場合があります。 空調事業の立ち上げ費用の一部は継続的な費用でもあるが、マーケティングにかかっている。 空調事業は一般的に単一の地域にサービスを提供しているため、新聞、屋外広告、地域をテーマにしたWebサイトなどのローカル広告は、広告予算を費やすのに最適な場所です。