事業リスクの立ち上げ

あなた自身の上司であることと高い収入を生み出すことの魅力は、彼ら自身のビジネスを始めたい起業家にとっては強いものですが、スタートアップビジネスにはリスクがあります。 2009年9月に、米国中小企業管理局の擁護局は、最初の2年間で30%の中小企業が倒産したと推定しています。 成功のチャンスを増やすには、事業を始めることのリスクを理解する必要があります。

失敗

あなた自身のビジネスを始めることのより重大なリスクの1つはそれが失敗するということです。 スモールビジネスアドボカシーオフィスアドボカシーによると、2004年から2008年の間に、年間平均646, 679のビジネスが開始され、年間574, 605のビジネスが閉鎖されました。 あなたはあなたの命の節約を投資し、あなたの家に2つ目の住宅ローンをかけて何ヶ月も疲れずに仕事をすることができましたが、それでもあなたのビジネスは失敗し、あなたはそれをすべて失うでしょう。

家族関係

あなた自身のビジネスを始めることは長い時間を必要とし、あなたの家族生活に通行料をかけます。 あなたはあなたのビジネスに懸命に取り組んでいて、あなたの家族と時間通りに行方不明になるでしょう。 あなたが大規模な旅行を必要とするビジネスを始めることに決めたならば、あなたがあなたの家族にさえ会うことさえできない何日か何週間もあるかもしれません。 家族の生活を向上させるためにビジネスを始める人もいますが、そのビジネスを始めることによるストレスが家族関係に負担をかける可能性があるというリスクがあります。

間違った事業を始める

「USA Today」によると、事業を始めるときには、成功するためには自分の会社に献身的に取り組む必要があります。 あなたがあなたが重要な収入を生み出すことができると感じるビジネスを始めることに決めたけれどもあなたがそれについて熱心に感じないなら、あなたは興味を失う危険を冒します。 間違った事業を始めることは、あなたが熱心ではない事業を始めることを意味します。 あなたが間違った種類のビジネスを始めるとき、あなたは仕事の時間を入れて、あなたのビジネスを成功させる機会を与えるために必要な資源を捧げるように促されません。