文化芸術センターのための収入を生み出すアイデア

文化芸術センターは、地域と個人の両方に利益をもたらします。 多くのセンターでは、地域住民がさまざまな芸術作品を訪問したり作成したりすることができる実践的なクラスを提供しています。 これらのセンターはアーティストが作品を展示できるオープンハウスを提供するかもしれません。 文化芸術センターの恩恵はたくさんありますが、政権は財政に集中して時間を費やす必要もあります。 文化芸術センターは通常、非営利団体として運営されており、請求書の支払いを継続するには収入をもたらす必要があります。 これらの収益を生み出すアイデアは、センターのためにお金を生み出す一方で楽しいはずです。

アートフェア

アートフェアは芸術家や学生に作品を展示する機会を提供します。 芸術家と学生が中心にアートワークを作り、よく似たアートテクニックをまとめています。 たとえば、すべての水彩画が1つの部屋にあり、彫刻が別の場所にあるとします。 コミュニティメンバーは少額の寄付を支払い、それからセンターを通って歩く機会を得ます。 アートワークのクリエイターは訪問者と交流し、彼らがアートをデザインしそして創造するために行ったプロセスを説明しました。 譲歩はまた見本市を通して販売されるかもしれません。

ツリー入札

忙しい休暇シーズンの間、クリスマスツリーはしばしば興味を起こさせます。 ツリー入札は、文化芸術センターの芸術家や学生に、忙しい地域住民にサービスを提供しながらセンターのための資金を生み出す機会を提供します。 それぞれの芸術家や学生は休日の木をデザインして飾ります。 伝統的な木を飾ることを選択する人もいます。 他の人は木を表す彫刻やアートワークを作成することがあります。 クリスマスの約2週間前に、コミュニティの住民にセンターを訪問して木に入札するように勧めます。

スポンサーシップ

コミュニティビジネスや恵まれた住民は、文化芸術センターが近隣地域で成功していることをよく見ています。 これらの事業者および居住者は、認識と引き換えにセンターを支援することに興味があるかもしれません。 センターは、センターのさまざまな部屋や地域をスポンサーする機会を提供できます。 スポンサーの名前が記載されたプラークが出入り口の上または最大の視認性を提供する別の場所にぶら下がることがあります。

アーティストとの出会いと挨拶

人々はいつも地元の有名人でさえ - 有名人との出会いを楽しんでいます。 センターの貢献者の何人かが出席し、出席者と過ごすことができる夜を計画してください。 会って挨拶することで、アーティストは自分の経歴を参加者と共有することができます。 それはまた出席者が質問をし、芸術家についての詳細を学ぶことを可能にします。 アーティストが作品を売ることを許可し、売上げの一部はセンターに行きます。 追加収入を上げるために譲歩を売る。