レストランで考慮する定性的要因

定性的要因は、数式を使用して分析することが不可能または不可能なレストランの側面を表します。 データ駆動型の計算は、レストランの財務および運営実績を正確に評価するために不可欠ですが、定性的要因を組み込むことで、分析をより完全なものにすることができます。

定性的レストラン分析

レストランの評判、イメージ、およびメニューを取り巻く認識は、ビジネスを左右する可能性があります。 定性的な調査は、レストランの顧客が何を考え、感じているかの中心に到達するのに役立ちます。 本質的に、定性分析は、顧客がレストランの総合的な体験をどのように認識しているかを判断しようとします。 定性分析を実施するために必要な情報は本質的に非数値的であるため、情報収集は社会的観点から来なければなりません。 小規模な飲食店のビジネスでは、直接観察、個人的な交流、そして調査を通して集められた情報が最も役に立ちます。

カスタマーエクスペリエンス

カスタマーエクスペリエンスを評価する定性的要因は、情報を分析するための基盤を広げることを目的としています。 顧客体験をより明確で正確に把握するためには、広い範囲の出入り口が不可欠であり、限られた情報で顧客が実際よりもレストランに満足していると示唆される可能性を減らすことができます。 2006年にJournal of Food Serviceに発表された研究では、食品、顧客、そして環境に焦点を合わせることによってのみ明確な描写が得られることがわかった。 調査によると、レストランの雰囲気、メニュー項目、レストランのシーン、サービスとスタッフの質、レストランの決定プロセス、個人的な状況などの要因が各経験の定義に役立ちます。

食料品と顧客との対話のリンク

メニューの構成、好み、視覚的表現、および待機スタッフと顧客との間の相互作用はすべて、顧客満足度を決定する上で重要な役割を果たします。 プロセスの中で最も弱い部分が、顧客の楽しみのレベルを決定する際の決定的要因となることがよくあります。 たとえば、特定の料理にどのワインを選択するかについての待機スタッフからの推奨は、食品と飲料の優れた組み合わせに対する顧客の期待を満たすのに役立ちます。 味が最も優先することが多いですが、味が顧客の期待を満たす場合、レストランが顧客の目で成功するかどうかを判断する上で視覚的な魅力が大きな要因となります。

レストラン管理要因

管理スタイルとプロセスは、カスタマーエクスペリエンスを評価する際に考慮する必要がある追加の定性的要素です。 飲食物の取り扱いと取り扱い、スタッフの行動、飲食店の経済性と管理に関する飲食店の管理システムは顧客には明らかではないかもしれませんが、その影響は解釈され、満足感や不満感に変換されます。 例えば、食事の終わりに請求書を受け取るのを遅らせる手順は、経営統制の失敗ではなく、サービスの質が悪いという認識につながる可能性があります。 価格設定の問題は、顧客がメニュー項目の品質と全体的なサービスをどのように認識しているかにもつながる可能性があります。