ビジネス環境で誰かに挨拶するための適切な方法

「最初の印象を与える機会が二度とありません」と昔のことわざは言っていますが、このアドバイスはまだ注意を払う価値があります。 あなたのビジネスエチケット知識のレベルはあなたのプロ意識とあなたのビジネスへのアプローチについて多くを語っています。 あなたがあなたの店でレジを働いているか、海外のコンベンションに旅行しているかどうか、さまざまな異なるビジネス環境で誰かに適切に挨拶する方法を学びましょう。 良い挨拶のエチケットは従業員、顧客、そしてパートナーからの信頼を促進し、あなたの商取引のトーンを設定します。

電話で

顧客、パートナー、同僚に電話をかけるときは、あなたの名前と所属会社で身元を確認してください。 相手方の人があなたの声を認識していると思い込まないでください。 はっきりと話し、礼儀正しくしてください。 同じ規則があなたの会社で電話を受けるのにも適用されます。 従業員に、事業名とともに名前で自分自身を識別させます。 あなたの従業員と協力してこの電話のエチケットを実践し、模範を示してください。

顧客サービス

中小企業は優秀なカスタマーサービスを提供することによって競争から一線を画すことができます。 これは顧客に直接挨拶することから始まります。 正確なあいさつはあなたのビジネスの種類によって異なるかもしれませんが、「こんにちは。どうすれば私はあなたを助けることができますか?」の行に沿って何かがあります。 または「(あなたの会社の名前)へようこそ」 笑顔でアイコンタクトをとる。 営業担当者は、顧客に挨拶するときにあまりにも積極的または強引になることがないように注意してください。 あなたが彼に精通しているならば名前で顧客に演説しなさい、しかし彼が好む方法で彼に演説することを忘れないでいてください。

旅行

適切な挨拶と見なされるものは、訪問している文化によって異なります。 出張中のビジネスオーナーは、海外でビジネスをしている人々の文化的背景や習慣を認識する必要があります。 あなたが訪れている文化を研究し、適切なエチケットを練習する準備をしてください。 個人的なスペースに気をつけ、適切な服装としてふさわしいものを知ってください。そして、お辞儀または握手が期待されるかどうかを学びます。 国際的なエチケットを磨くことはまたあなたがあなたのオフィスに旅行しているか、会議であなたに会っている外国人ビジネスマンに良い印象を与えるのを助けることができます。

Eメール

電子メールはビジネスコミュニケーションの不可欠な部分となっています。 伝統的なビジネスレターよりも正式ではない傾向があります。 Eメールで顧客、従業員、同僚に挨拶するときに良い印象を与えるのは賢明です。 開始時に適切な挨拶を含めるために時間をかけてください。 より正式な対応については、 "親愛なる..."から始めてください。 より親しみのある人と取引するときは、「こんにちは(その人の名前)」を使用することを検討してください。

一般的なヒント

新入社員と仕事をするときは、あいさつをトレーニングプログラムの一部にしてください。 ロールプレイングは、プロセスに慣れるための良い習慣です。 握手をするときは、しっかりしてください。ただし、強く握りすぎないでください。 机の後ろから立ち上がって、見込み客や顧客に挨拶しましょう。 抱擁は、ほとんどの職場環境では不適切です。 あなたが人々のグループと一緒にいるときに紹介を提供し、あなたが出会っている人々の名前を思い出すようにしてください。