価格戦略と利益率

価格戦略は、最低限の利益率を維持しながら、2つの競合する要件、すなわち売上の拡大と市場シェアの拡大の達成をバランスさせるのに十分柔軟でなければなりません。 価格設定は製品戦略の不可欠な要素です。小規模または大規模な企業にとって、製造者、流通業者、小売業者などのサプライチェーンパートナーや彼らにとって利益のない製品を運ぶことは意味がないためです。

浸透

ペネトレーション戦略は、市場シェアを獲得するために競争に対して低価格を設定することを含みます。 アジアの自動車会社はヨーロッパと北米の地元の製造業者から市場占有率を取るために首尾よくこの戦略を使いました。 市場シェアを獲得した後、企業はより高い利益率を達成するために価格を引き上げ、ハイエンド製品を導入することができます。 季節的な値下げや数量割引などの割引価格も需要を刺激し、市場浸透を達成することができます。 しかし、中小企業はより大きな競合他社との価格競争に巻き込まれることに慎重にならなければなりません。

競争力のある

競争力のある価格戦略には、競合他社の価格を合わせることが含まれます。 危険なのは、これらの価格では、特に大規模小売業者が供給業者と交渉するのと同じ交渉力を持たない可能性がある中小企業にとっては、十分な利益率が得られない、あるいは費用がまかなわれないことです。 最低限の利益を達成するために、中小企業は彼らの店に顧客を引き付けるために競争力のある価格設定を使うことができて、それらのうちのいくつかが他の高利益のアイテムを買うことを望みます。 中小企業はまた、競争力のある価格の商品を利益率の高い商品や付加価値サービスにバンドルして、全体の利益率を高めることができます。

コストベース

コストベースの価格戦略の最優先事項は、製品の製造または販売にかかる固定費および変動費を回収することです。 2番目の優先事項は、市場が持ち主の期待に応える利益率を追加することです。 顧客は、低コスト構造の大企業が通常提供できる価値を求めているため、実際には達成が困難な場合があります。 中小企業は高級品のためにより高い価格を請求することができます。 たとえば、小さなベーカリーではマルチグレインバゲットの価格が高くなることがあります。 企業はこれらのプレミアム価格の商品を通常の商品とバンドルして、全体として最低限の利益率を達成することができます。

サービス

企業は製造および流通コストを負担しないため、サービス価格は製品価格とは異なります。 たとえば、経営コンサルタント業務では、オフィスのレンタルや管理サポートなどの間接費が発生しますが、コンサルティング料の大部分はパートナーの利益です。 したがって、同社は競争力のあるプロジェクトに入札する際の柔軟性を持っています。これは、製品開発および流通コストの負担について心配する必要がないからです。

その他の戦略

他の価格戦略には、心理的価格とオプションの価格が含まれます。 心理的な価格戦略には、10ドルではなく9.99ドルなどの奇妙な価格を設定することや、5ドルで2つなどの量産価格を提供することが含まれます。 これらの戦略は利益率に悪影響を及ぼさず、売上高の増加につながる可能性があります。 オプションの価格設定には、車やコンピュータの付属品や保証など、追加料金で追加料金を販売することが含まれます。