虚偽広告の悪影響

それはあなたが新しい顧客を引き付けることができるようにあなたの広告を欺くことを誘惑するかもしれないだけでなく彼らがあなたの製品を購入しそしてあなたのサービスを購読することもできるようにするために。 しかし、通常、この戦略はあなたの会社の将来にとって悪いものであり、それはおそらくあなたのビジネスの成功を妨げるかもしれません。 できるだけ多くの利益を集めることを唯一の目標としている企業は、顧客にサービスや製品を購入させるために、コストを隠したり、重要な事実を省略したり、誤解を招く画像を使用する広告を使用する傾向があります。 この種のマーケティングは役に立ちません、そしてそれは彼らが良い、十分な情報に基づいた決定をするために必要な正確な情報から消費者を奪います。 そのような広告の有害な影響は、ビジネスの世界で複数のプレイヤーに影響を及ぼし、まったく役に立ちません。

誤った広告が消費者に与える影響

非倫理的広告が消費者に与える影響は、おそらくこの種の広告についての最悪の側面です。 消費者は最終的には情報なしの決定を下すことになります。 あなたの顧客に真実を伝えたり、広告であなたの製品やサービスについて真実を覆い隠したり矛盾したりするような絵を描いていない場合、彼らはそれらの製品やサービスに関して悪い決断をするでしょう。

あなたの顧客は結局何かに貴重なお金を浪費することになるでしょう、それは結局のところ本当に彼らのニーズを満たすことも彼らの問題を解決することもできません。 結局のところ、あなたの顧客は製品に付随する悪い副作用を知らずに製品を使用するかもしれません。

あなたがあなたの製品のためにそのような有害な広告を使うとき、あなたはあなたの顧客のために大混乱を起こしています、そしてそれらは長期的には幸せではないでしょう。

通常、そのような詐欺的な広告は細かい活字を隠すという保証を持っています。それは製品やサービスが実際に提供するものと矛盾するかもしれません。 これらの広告はあなたに虚偽の保証を提供するかもしれません、あなたが主張をすることを試みるとき、会社はそれを怒鳴ります。 彼らはまた、宣伝されている製品やサービスに付随する隠れたコストや重大な健康上のリスクを隠そうとするかもしれません。 広告では、消費者がそれを意識するようになると、事実を隠すことは、最終的には消費者に噛み付くことになります。

虚偽の広告がビジネスに及ぼす影響

誤解を招く広告のもう1つの影響は、事業自体への影響です。 ある企業が誤った声明を出したとき、その企業は広告が最終的に害になることを認識していません。 結局のところ、そのような広告に騙される可能性がある唯一の人は消費者ですね。

実のところ、詐欺広告は詐欺広告を使用する企業にとって致命的なものになる可能性があります。

あなたの消費者は嘘をついていることに親切にしません。 あなたが彼らに嘘をついていることを彼らが知るとすぐに彼らはあなたに対して報復するでしょう。 初心者にとって、あなたは彼らが同じトリックのために二度落ちることを期待すべきではありません。 彼らはあなたがそれらをだましたことを彼らが理解した後に怒るかもしれません。 口コミやソーシャルメディアを通じて、あなたの会社についての否定的な話を広めます。 最悪の事態が悪化すると、消費者はあなたの会社に損害賠償を求めて訴訟を起こす可能性があり、それが後になって事業に多大な訴訟費用が発生する可能性があります。

連邦取引委員会は、企業が従うべき広告の基準を設定して、これらの企業が一般の人々を誤解させないようにします。 実際には、少なくともこの種の広告に頼らないようにすることをお勧めしないビジネスに関する限り、拡張可能な効果がいくつかあります。

あなたは調査される可能性があります

広告キャンペーンが誤解を招く可能性があると疑われる場合は、連邦取引委員会(FTC)が広告を調べて、法律に違反していないかどうかを確認します。 FTCは消費者の視点を取り、広告内の明示的および黙示的な主張が偽造されているかどうかを判断します。 また、広告から除外した情報が重要であるかどうかを判断し、含まれるべきかどうかを確認します。

あなたは中止命令を受け取ることができます

あなたはあなたの虚偽の広告の掲載を中止するためにFTCから中止命令を受け取るかもしれません。 再度実行できるようにするには、それをFTC標準に引き上げる必要があります。 これはあなたが入れたどんな誤った情報も修正し、以前に省略された情報を追加することを意味するかもしれません。 また、あなたがあなたの商品やサービスを購入した人にあなたがあなたの広告で偽造を使用したことを知らせ、将来の広告で免責事項を含める必要があるかもしれません。

あなたは経済的損失を招く可能性があります

あなたの会社が誤って広告をキャッチしている場合、あなたは結局たくさんのお金を失うことになるかもしれません。 あなたがあなたの広告を引っ張ることを余儀なくされた場合、あなたはあなたがその広告の開発に費やしたお金の全てを失うことになります。 あなたはまた偽の広告のためにFTCによって罰金を請求されるかもしれません。 時には罰金は現在の詐欺的行為と将来の行為の両方を意味します。 あなたが訴えられているならば、あなたが訴訟を失う場合に備えて、あなたは弁護士費用と和解金に対処しなければなりません。

あなたはあなたの顧客の信頼を失う可能性があります

あなたが虚偽の広告に従事するとき、あなたの消費者はあなたを信頼できないと感じます。 あなたがすでに持っている顧客と、どんな潜在的な新しい顧客も、あなたが彼らを裏切って他の場所に彼らのビジネスを持っていくように感じる傾向があるでしょう。 あなたの顧客はもう忠実ではなくなり、それはあなたのビジネスを台無しにするでしょう。 あなたのブランドはまた否定的な評判を得るかもしれません、それはあなたの将来のビジネス見通しが減少することを意味します。

誤解を招く広告が従業員に与える影響

あなたの従業員は最前線にいます、そして、通常、彼らは誤った広告に付随する結果の責任を負います。 そのような場合、彼らは通常、岩と堅い場所(岩が消費者である)と堅い場所(詐欺的な広告)との間に自分自身を見つける。

注目すべき1つのことは、彼らは広告を作成したり、それらを支持したりしていないので、従業員は通常無罪ではないということです。 しかし、広告にだまされていると消費者が腹を立てるとき、彼らは気にしません。 あなたの従業員は不幸な人々に対処しなければならず、その過程で自分自身を不幸にするでしょう。 あなたの製品が誤動作したり、あなたのサービスがあなたがそれを約束したものを提供しないとき、彼らは非難さえされるかもしれません。

あなたの従業員が誤解を招くような広告によって生成された非現実的な期待に応えることができないとき、顧客はあなたの従業員に怒りを向けます。 従業員がこのようなひどい状況にさらされると、会社の離職率が上がるため、離職率が上昇する可能性があります。 たとえ彼らが居ても、彼らは一生懸命働くように動機付けられていないかもしれず、会社はさらにもっと多くの問題を経験するだけでしょう。

競争の知覚への影響

これは、誤った広告によってもたらされる最悪の影響の1つです。 企業間で健全な競争がある場合、企業は自社の製品やサービスを改善し、消費者に転嫁するコストを下げる傾向があります。 技術革新が奨励されているので、これは長期的に業界全体を向上させることができます。 企業は競争を強いられ、製品やサービスを向上させるために研究開発に創造的なお金を使うようになっています。 ただし、競合他社が誤解を招くような広告を作成するためにお金を使う場合は、魅力的だが誤った自社製品についての主張をすると、イノベーションに投資するのではなく、同じものに投資することになります。 その結果、業界全体が被害を受けます。