マルチCPU対 マルチコア

2005年以来、コンピュータCPUチップメーカーはますますパフォーマンスを向上させるために複数のコアの使用を採用しています。 各コアは別々のコンピューティングタスクを実行するので、コンピュータはより多くの仕事をこなします。 マルチコアCPUが急増する前は、コンピュータ設計者は2つ、4つ、またはそれ以上のシングルコアCPUをシステムに搭載することがありました。 2011年10月現在、サーバーコンピュータは同じマシンに2つ以上のマルチコアCPUチップを搭載しています。

ソフトウェア

複数のCPUまたは複数のコアのいずれかを認識するようにプログラムされたソフトウェアが必要です。 LinuxやMicrosoft Windowsなどのオペレーティングシステムは、シングルCPU、シングルコアコンピュータで始まりました。 マルチコアコンピュータを認識するバージョンでは、追加のプログラミング作業が必要です。 ソフトウェアがシングルCPUとマルチCPUの違いを認識していない限り、コンピュータがシングルCPUを搭載しているかのように動作し、他のコンピューティングリソースはアイドル状態のままになります。 アプリケーションソフトウェアについても同様です。 たとえば、3Dグラフィックスモデリングプログラムは、マルチコアコンピュータよりシングルコアコンピュータのほうが速く動作しない可能性があります。 プログラムがCPUに負荷のかかるタスクを分割してそれらを異なるコアに割り当てることができる場合、プログラムはそれらのタスクをより迅速に完了します。

エネルギー効率

マルチコアコンピュータは、複数のCPUを搭載したコンピュータよりもエネルギー効率が優れています。 複数のCPUとは、同じ集積回路の複数のコピーが回路基板上に配置され、それらと他のチップとの間に関連配線があることを意味します。 コアを1つのチップに統合すると、チップからチップへ信号を送信するために使用されるエネルギーが削減されます。 また、CPU間の信号を管理するために必要な余分なチップの一部を排除します。 コンピュータが2つのCPUから1つのマルチコアCPUに移行する場合、CPU冷却ファンの数も2つから1つに削減され、追加のエネルギーを節約できます。

スペースとコスト

マルチコアチップは、マルチCPU設計と比較して、回路基板と実装スペースを節約します。 2つのコアを持つ単一のCPUチップを持つことは、2つの別々のCPUチップの半分のスペースを取ります。 マルチCPUコンピュータから他の信号管理サポートチップを削除することでスペースも節約できます。 マルチコアチップの価格がシングルコアチップの50%高い場合、マルチコアシングルCPUコンピュータは2個のCPUで1個以下になります。

速度

マルチコアCPUのコアは同じキャッシュメモリと他のリソースを共有するため、マルチCPU設計よりもパフォーマンス上の利点があります。 コンポーネント間の電気信号は、マルチコアCPU上で短い距離を移動します。 信号の距離が短いということは、信号が劣化することなくより高いクロック速度で動作できることを意味します。 より速いクロック速度は、マルチコアCPUがシングルコアCPUよりも速くプログラムを実行することを意味します。