職場における多部門構造

あなたが事業を運営しているとき、それはあなたが組織の正式な構造を考慮することが不可欠です。 組織の構造は職場の機能に影響を与え、従業員の仕事のやり方にも影響を与えます。 多分割フォーマットは、明確な編成構造を提供する単純で直接的な設定です。 このフォーマットを選択する前に、その長所と短所を検討してください。

概要

多部門構造では、別々の事業を運営する多数の異なる部門で構成される1つの親会社があります。 法的には、親会社はすべての部門を所有していますが、親会社は各部門に重要な自律性を与えているため、独立して行動することができます。

利点

多部門構造の労働者は、通常、個々の部門のオフィスで完了するタスクをより細かく制御できます。 これにより、ビジネスをより柔軟にすることができます。 変化が起こると、通常は部門の労働者のレベルで気づかれます。部門の労働者は、すぐに行動を起こすことによって変化に適応できます。 多部門構造により、労働者は特定の事業分野に集中することができ、各部門はそれぞれの専門分野に高度に特化したものになります。

デメリット

特に中小企業にとっては、多部門構造が大きな課題となる可能性があります。 中小企業にとって最大の課題はコスト要因です。 組織内の機能が重複しているため、さまざまな部門を設定するのはコストがかかる可能性があります。 部門間のコミュニケーションを維持することも難しく、労働者が情報を共有したり協力したりすることは困難になります。

オプションの計量

多部門構造がビジネスに適しているかどうかを判断するときは、コストと困難さが利点によって重なるかどうかを検討します。 利益率の低さや利益の低さが原因で、ビジネスがやっとうまく行けない場合は、おそらくコストをまかなうことはできません。 あなたの会社が非常に収益性が高く、成長しようとしているなら、あなたはこれらの経費を管理することができるかもしれません。 会社の規模と仕事の範囲も考慮してください。多部門構造は、100人以上の従業員が2つ以上の事業分野で働いている企業に最適です。