集学的チームとチームワークの重要性

集学的チームとは、さまざまな職業的背景を持つ、または特定のプロジェクトや継続的に共同作業を行う作業分野の作業者のグループです。 この種の作業チームは、さまざまな観点から問題や課題を議論することに価値があるため、オフィス環境では一般的です。

チームワークの基本

チームワークは多くの企業で一般的です。 作業チーム構造を持つ企業は、意思決定と問題解決において複数の視点と意見を共有することの価値を認識しています。 場合によっては、チームが解決に時間がかかることがありますが、アイデアやより広い視点を生み出す傾向があります。 一部の作業チームは同じ部門、機能、または専門分野の中で機能し、他の作業チームは本質的に機能横断的または学際的です。

病院や医療現場では、さまざまな分野の医師が共同で特定の患者に完全なケアを提供できるように、集学的なチームを使用することがよくあります。 ソーシャルワークでは、さまざまな分野の専門家が協力して、援助プログラムや地域社会の支援を見つける際にクライアントが最良の援助を得られるようにします。 企業は、ダイバーシティ協議会、顧客関係管理システムなどの全社規模のプロジェクト、およびさまざまな種類の委員会で、学際的なチームを使用することがよくあります。

利点

学際的なチームの基本的な前提は、状況や問題についてさまざまな視点を得ることです。 採用委員会には、新入社員とさまざまな方法で交流するような経歴を持つ専門家が含まれることがよくあります。 この設定により、各専門家は自分の意見や見解を共有し、他の人たちの意見を知ることができます。 同様に、他の種類の集学的チームが、決定や活動が組織内の各部門または専門家に影響を与えるさまざまなプラスおよびマイナスの方法について議論することができます。

欠点

集学的チームにとっての最大の関心事は、彼らが決定をかなり遅らせることができるということです。 チームはアイデアについて話し合うのに時間がかかりますが、学際的なチームでは、通常、より多くの視点と潜在的な対立点があります。 何人かの従業員は、彼らが働いている人々の通常の範囲外の専門家を持つチームに割り当てられるのが不快に感じるかもしれません。 あなたは議論と決定における潜在的な改善を時間の関与の増加と比較しなければなりません。