MS Outlookは電子メール設定を受け入れない

多くの事業者は、電子メールの管理をOutlookに依存しています。 それが機能しなくなると、生産性はそれと共に停止します。 Outlookがメール設定を受け入れない場合は、メール設定が正しくない可能性があります。 ただし、メールプロバイダ側のアカウント制限や一部のセキュリティ設定からも問題が発生します。 問題が一貫しており、インターネット接続がアクティブであると判断したら、アカウントと設定をトラブルシューティングして解決策を見つけます。

誤った設定

最も考えられる問題は、メール設定が正しくないことです。 間違ったポート番号を入力したか、送信メールの認証を選択するのを忘れました。 [ツール]メニューを開き、[アカウント]をクリックします。 アカウント設定を確認し、それらがメールプロバイダによって提供されたものと一致することを確認します。 たとえば、Gmailでは着信メールにポート993とSSLを使用する必要があります。 送信メールはポート465または587を使用し、SSLと認証も使用する必要があります。 その時間をかけて、ユーザー名やパスワードなどのアカウント情報も正しいことを確認してください。

アカウントアクセスの問題

すべての電子メールアカウントがクライアントアクセスをサポートしているわけではありません。 仕事用アカウントにアクセスしようとしているときは、システム管理者に問い合わせて、クライアントアクセスが利用できるかどうか、またPOPまたはIMAP設定を使用する必要があるかどうかを確認してください。 一部のWebメールアカウントは特定の設定のみを提供します。 たとえば、IMAPを使ってYahoo Mailアカウントにアクセスすることはできません。 Gmailの設定を開いてPOPまたはIMAPを有効にするまで、GmailはOutlookで機能しません。

移行の問題

Outlookの前に別のメールクライアントを使用していた場合、または古いバージョンのOutlookソフトウェアから更新した場合は、Outlookは設定を正しくインポートしていない可能性があります。 1つには、すべてのアカウントにパスワードを手動で入力する必要があります。 Outlookはパスワードをインポートしません。古いアカウントをインポートするのではなく、メール設定を使用して新しいアカウントを作成して問題が解決するかどうかを確認してください。

セキュリティ設定

もう一つの潜在的な問題はあなたのファイアウォールにあります。 ファイアウォールがメールプロバイダの送信サーバーをブロックしている場合、Outlookはあなたのアカウントにアクセスすることができません。 このような場合は、代替のSMTPサーバーを使用することをお勧めします。 コンピュータにインストールされているウイルス対策プログラムがOutlookへのアクセスを妨げていないことを確認します。