QuickenをExcelと同期させる方法

Quickenは、財務管理、顧客アカウントの管理、または予算作成の際に、多くの中小企業ユーザーに最適なソフトウェアです。 Excelスプレッドシートに同じ情報を作成して同期したい場合は、Quickenのエクスポート機能を使用してデータをExcelファイルにスムーズに変換することができます。 その後、そのファイルをExcelで開き、必要に応じてデータをすぐに使用できるようにすることができます。

1。

Quickenを起動して、Excelと同期するデータを含むレポートを開きます。

2。

Quickenツールバーの“ Export Data”をクリックしてください。 「Excel互換フォーマットへ」を選択します。

3。

Quickenエクスポートファイルのファイル名を[エクスポート]ウィンドウの[ファイル名]フィールドに入力し、キーボードの[Enter]キーを押してファイルをExcel形式で保存します。

4。

Excelを起動します。 [ファイル]タブをクリックして[開く]を選択します。ファイルブラウザウィンドウが開きます。 ハードドライブ上のフォルダを移動して、エクスポートしたファイルを見つけます。 ファイルをクリックしてハイライト表示し、[OK]をクリックしてExcelに読み込みます。 すべてのデータがExcelスプレッドシートに表示されます。

5。

Quickenデータに変更を加え、そのファイルをExcelスプレッドシートと同期させたい場合は、この手順を繰り返してください。