Excelで区切られた部分文字列にする方法

あるMicrosoft Excelの列から名前を各名前の構成要素ごとに個別の列に分離するという課題に直面したことがある場合は、タスクを実行するために時間のかかる関数を組み合わせる必要があります。 LEFT、MID、RIGHTは、これらの関数の名前で呼ばれているテキスト文字列の部分を分離することができますが、Excelは同じニーズをはるかに少ない労力で満たすための時間節約方法を提供します。 会社のディレクトリ内の名前間のスペースなど、シングルセルテキストに区切り文字が含まれている場合は、1つの手順でデータをサブストリング化できます。

1。

区切りたいテキストを含む列を選択してください。 列全体を選択するには、その文字の見出しをクリックします。

2。

Microsoft Excelリボンの[データ]タブに切り替えて、[データツール]グループを見つけます。 「テキストから列へ」アイコンをクリックしてテキストから列への変換ウィザードを起動します。

3。

Excelが自動的に選択しない場合は、ウィザードの最初の画面で[区切り記号]ラジオボタンをクリックします。 ウィザードはデータを解析して、サブストリング区切り文字として区切り文字を使用しているのか、文字数を使用しているのかを識別しようとします。 区切り文字の代わりに固定幅を使用するのは、列のセルにすべて特定の文字数を数えて分割して各部分文字列に分割できるテキストが含まれている場合のみです。 「次へ」ボタンをクリックして次の画面に進みます。

4。

テキスト文字列を細分する区切り文字を選択します。 Excelには、タブ、セミコロン、コンマ、スペース用のプレハブオプションがあります。 テキストで別の区切り文字を使用している場合は、[その他]のチェックボックスをクリックして、オプションのラベルの右側にある入力ボックスに区切り文字を入力します。 "Doe、Joan Marie"の形式のデータを持つ姓名フィールドなど、複数の区切り文字を使用するテキストの場合は、該当するすべてのオプションをチェックします。 テキストに連続した複数の区切り文字が含まれている場合(たとえば、二重または矛盾したスペース)、[連続区切り文字を1つとして扱う]オプションを使用します。 テキストにこれらのオプションのいずれかで囲まれた単語が含まれている場合は、[テキスト修飾子]ドロップダウンメニューを使用して一重引用符または二重引用符を選択します。

5。

区切り記号オプションの下のデータプレビューを調べます。 区切り文字オ​​プションを追加、削除、置換すると表示が変わります。 それをスクロールして、サブストリング変換によって必要な結果が得られることを確認します。

6。

ウィザードの2番目の画面の下部にある[完了]ボタンまたは[次へ]ボタンをクリックします。 最終結果で個々の列のデータ形式を設定したり詳細オプションにアクセスする必要がなく、元のデータ列が他の重要なデータの横にない、または他の重要なデータに囲まれていない場合は、[完了]を選択します。 該当する場合は、隣接するデータを上書きできるかどうかを確認するダイアログボックスの[OK]ボタンをクリックします。 ただし、他のデータ列で囲まれている列、または他のデータ列の横にある列を再分割している場合、ウィザードは隣接するデータを上書きします。 それが受け入れられないならば、「Finish」ボタンの代わりに「Next」ボタンをクリックしてください。

7。

テキストを列に変換ウィザードの3番目の画面に進み、データ形式を設定したり、数値データを含む新しい列に詳細オプションを適用したりできます。 [列データ形式]ラジオボタンを使用して、一般形式、テキスト形式、または日付形式を割り当てたり、データを分割するときに列をスキップするようにExcelに指示したりできます。 「一般」は、数値を数値データおよびテキストとして対応する列形式でフォーマットします。 "Text"は、セルに英字または数字のデータが含まれているかどうかにかかわらず、すべてのセルの内容をテキストとして扱います。 「日付」は、Excelの日付設定を使用してセルをフォーマットします。

8。

「宛先」フィールドを使用して、ウィザードのデータ細分化の結果を配置する場所を指定します。 他のデータ列で囲まれている列またはその隣にある列を再分割していて、分割した結果をワークシートの空の列に割り当てない場合、ウィザードは隣接するデータを上書きします。 ラベルなしの状況依存の折りたたみ/展開ダイアログボックスボタンを使用して、ウィザード画面を最小化し、ウィザードの出力用の列の位置をクリックして、ウィザード画面に戻ります。

9。

データの書式設定を調整して出力場所を指定するためのオプションを使用した場合は、テキストから列への変換ウィザードの3番目の画面で[完了]ボタンをクリックします。 Excelは、区切られたデータを細分化します。 元のデータ列が他のデータ列に隣接して表示されている場合は、これらのデータ列を上書きするか、細分化処理をキャンセルするかを確認するダイアログボックスが表示されます。