ビデオが遅れないようにする方法

オンラインビデオは簡単にアクセスできるので便利ですが、遅延や読み込みが遅いという問題は便利さを面倒に変えることがあります。 ビデオが遅れる原因となる問題はすぐに明らかになるわけではありませんが、ブラウザやソフトウェアのトラブルシューティングによっては、通常、任意のビデオを正しく再生して再生することができます。

一時データを削除する

ブラウザを長時間開いたままにしておくと、特に多数のWebサイトにアクセスした場合に、一時的なデータが大量に蓄積される可能性があります。 ブラウザによってはメモリリークの問題がある場合もあります。これは、ブラウザが想定よりも多くのコンピュータメモリを占有し始めたときに発生します。 これに対抗するには、ブラウザのキャッシュやクッキーなどの一時的なデータを消去し、開いている必要がないタブをすべて閉じます。

再起動と切り替え

単に一時データを消去してもうまくいかない場合は、ブラウザを完全に再起動してみてください。 これにより、メモリリークの問題が解消され、ブラウザ全体の効率が向上します。 問題が解決しない場合は、同じビデオを別のブラウザで表示してトラブルシューティングを実行してください。 これは少なくとも、問題がサイトの問題なのか、それとも1つのブラウザだけに限定されているのかを判断するのに役立ちます。

不要なプログラムを閉じる

コンピュータのRAMが限られている場合、ビデオを視聴しようとしている間に他のプログラムを多く実行しすぎると、ビデオのパフォーマンスが低下する可能性があります。 一部のビデオは、Flash Playerなどのビデオプレーヤーのエンジンを使用して実行されますが、特にハードウェアアクセラレーションを有効にしている場合は、コンピューターのハードウェアも必要になることがあります。 不要なプログラムをすべて閉じてから、ビデオをもう一度見てください。 必要に応じて、ビデオウィンドウ内を右クリックして[設定]をクリックし、ハードウェアアクセラレーションオプションの選択を解除してハードウェアアクセラレーションを無効にしてみてください。

動画をバッファリングする

インターネット接続が遅い場合は、ビデオのバッファリングと再生に同時に苦労している可能性があります。 これは多くの場合、ビデオを一時停止し、バッファリングプログレスバーが現在の場所より手前に届くのを待つことで解決できます。 ビデオがすでにバッファされたものを再生できるようになると、よりスムーズに再生されます。