Windows 7でワークグループを起動する方法

Windows 7では、ワークグループはファイル、プリンタ、およびインターネット接続を共有する小規模なネットワークです。 ネットワーク内の他のコンピュータがワークグループに参加した後、それらのユーザーは手動で共有、アクセス許可、およびプリンタを設定しなくてもこれらのリソースを共有できます。 ワークグループにはいくつかの欠点があります。ワークグループ内のコンピュータでセキュリティや共有のアクセス許可を設定できないため、すべてが共有されます。 ただし、ネットワーク内のセキュリティが問題にならない場合は、ワークグループを使用するとネットワークをすばやく設定できます。

ワークグループを作成する

1。

[スタート]ボタンをクリックして[コンピュータ]を右クリックし、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択して[システムとセキュリティ]ウィンドウを開きます。

2。

[システムの詳細設定]をクリックして[システムのプロパティ]ダイアログを開きます。

3。

[コンピュータ名]タブを選択し、[変更]をクリックして[コンピュータ名/ドメイン名の変更]ダイアログを開きます。

4。

[ワークグループ]ラジオボタンをオンにして、テキストフィールドに新しいワークグループの名前を入力します。

5。

「OK」をクリックしてワークグループを作成してください。

ヒント

  • ワークグループに参加すると、それまで所属していたドメインからコンピュータが削除され、それらのドメインのアカウントも無効になります。
  • ネットワーク上のXPコンピュータをワークグループに接続するには、これらのコンピュータのワークグループ名を新しいワークグループ名と一致するように変更します。