全画面でWindows Media Playerを起動する方法

Windows Media Playerを使用すると、追加のソフトウェアを購入することなく、トレーニングやプレゼンテーションのビデオ、音楽ファイルを簡単に表示できます。 会議やトレーニングセッション中にビデオを表示するときは、メディアプレーヤーを自動的に全画面モードで起動し、不要なクリックを排除して手動で作業を完了することをお勧めします。 プレーヤーを単独で起動したい(つまり、ファイルをすぐに起動したくない)場合は、フルスクリーンモードで起動することはできませんが、最大起動するように設定することはできます。 ファイルを直接起動したい場合は、コマンドラインを使用して直接フルスクリーンモードで起動することができます。

最大化されたプレイヤーを起動する

1。

管理者アカウントでコンピュータにログインします。

2。

[スタート]をクリックし、検索ボックスにマウスカーソルを置きます。

3。

「メディアプレーヤー」と入力します(引用符は含みません)。

4。

検索結果に表示されたら、「Windows Media Player」を右クリックします。

5。

[プロパティ]をクリックします。

6。

[ファイル名を指定して実行]ドロップダウンメニューから[最大化]を選択します。

7。

[適用]、[OK]の順にクリックします。

ファイルを全画面表示する

1。

管理者アカウントでコンピュータにログインします。

2。

メディアファイルを右クリックして[プロパティ]を選択します。

3。

Locationの後に指定されたファイルパスを書き留めます(またはコピーしてドキュメントに貼り付けます)。 パスの後にスラッシュを付けてファイル名を書きます。 フルパスは次のようになります。

C:\ Folder \ Subfolder \ File.mpg

4。

[スタート]ボタンをクリックし、[検索]ボックスに「cmd」と入力します。

5。

Enterを押します。

6。

以下のコマンドを正確に入力し、引用符で囲まれたパスを特定のメディアファイルへのパスに置き換えます。

wmplayer "C:\ Folder \ Subfolder \ File.mpg" / fullscreenを起動します。

7。

Enterを押します。

先端

  • フルスクリーンモードでファイルを起動するたびに「wmplayer」コマンドを入力しなくても済むようにするには、コマンドをメモ帳に貼り付け、「file.bat」として好きな場所にファイルを保存します(引用符なし)。好きなファイル名を「file」に置き換えます。 BATファイルをダブルクリックして、メディアファイルをフルスクリーンで起動します。 メディアファイルを別のドライブまたはフォルダに移動した場合は、必ずBATファイルを更新してください。