Windows Defender Serviceを手動で起動する方法

Windows Defenderには自動的にWindows 8が付属しているので、別のアプリケーションを購入するコストと時間がかかりません。 このセキュリティツールは、Microsoft Security Essentials(MSE)がWindows 7およびWindows Vista PCに提供していたリアルタイム保護を提供します。 MSEは厳密にスパイウェア対策ソフトウェアであるため、過去には、企業はMSEを補完するために別々のマルウェア対策製品とウイルス対策製品を入手する必要がありました。 現在、Windows Defenderは、マルウェア対策およびウイルス対策の保護に加えて、MSEと同じ機能を提供しています。 これは組み込みのアプリケーションなので、Windows Defenderにアクセスして起動するためにWindowsダウンロードセンターにアクセスする必要はありません。 デスクトップから直接開くことができます。

1。

デスクトップにある検索チャームをマウスでクリックするか、またはチャームを指でタップします。

2。

検索カテゴリのリストから「アプリ」をクリックまたはタップします。

3。

[アプリ]ボックスに「defender」と入力し(引用符は含みません)、虫眼鏡をクリックしてWindows Defenderの検索を開始します。 見つかったらアプリケーションを開きます。

4。

[ホーム]タブをクリックまたはタップしてから、[スキャンオプション]セクションから希望のスキャンの種類を選択します。 あなたはクイック、フルまたはカスタムの選択があります。 カスタムスキャンでは、スキャンしたい特定のファイルやフォルダを選択できます。

5。

「今すぐスキャン」をクリックします。