ウォータージェットビジネスを始める方法

水噴射は木材を伐採することだけを目的として1950年代に始まりました。 時間と技術が進歩するにつれて、ウォータージェット機の使用も進歩しました。 今日、ウォータージェット機はプラスチックや金属の切断に使用されています。 ウォータージェットビジネスの開業と運営には、さまざまな機械、そして標準と規制に関する十分な知識が必要です。

1。

あなたの貿易の達人になってください。 ウォータージェット機の正しい使い方について学びましょう。 OHSAはウォータージェット機器の使用を規制しているので、安全規制を知るために時間をかけてください。 地元の大学で、またはjetedge.comやmaxiemwaterjet.comなどのWebサイトでオンラインでウォータージェットのトレーニングコースに参加してください。

2。

包括的な事業計画を立てる。 あなたが知っていることを取り、詳細なビジネス青写真であなたが欲しいものを作ります。 あなたのビジネスプランは、マーケティングキャンペーン、運営プラン、そしてミッションステートメントなど、あなたのすべてのアイデアとプランをリストアップするべきです。 米国中小企業管理局によると、あなたのビジネスプランはあなたのビジネスアイデアをすべて含んでいて進行中の作業のままであるべきです。時間が経つにつれてあなたの会社は進化するはずです。

3。

あなたのビジネスを登録してください。 個人事業主、パートナーシップ、LLC、企業など、適切な事業体を選択してください。 あなたの雇用者識別番号、および貴重な税務情報については、IRS.govをご覧ください。 ウォータージェット事業を運営するための州または地方の許可について尋ねるには、郡の書記店に連絡してください。

4。

適切な場所を見つけます。 あなたが商品を売ったり保管したりするのに必要な建物の大きさを決めましょう。 地元で利用可能な物件の閲覧について、信頼できる不動産エージェントに相談してください。

5。

信頼できるウォータージェットメーカーに製品について問い合わせてください。 Flow Waterjet SystemsやKMT Waterjetなどの企業は、最新の精密ウォータージェット製品を数多く提供しています。 彼らはまた国際的なサービスと配達を提供します。 あなたの地域や地域の製造元を確認するか、お気に入りの検索エンジンにアクセスしてください。 検索バーに「waterjet maufacturers」と入力してリストを表示します。 見込みのある製造元に連絡して、製品の需要について話し合ってください。

6。

信頼できるスタッフを雇う。 候補者をスクリーニングするために、ウォータージェットの安全性とシステムについて学んだことを使用してください。 経験のある知識豊富な従業員を選ぶ。 それはあなたが自分でそこにいることができないときあなたに仕事で従業員に知らせたという保証をあなたに与えます。

7。

オールグランドオープンイベントを投げます。 友人、家族、近隣の施設の人々を招待します。 チラシを配って、知っている人全員に知らせるように伝えましょう。 口コミはあなたの最も強力な広告ツールの一つです。 それを利用する。