ビデオ広告ビジネスを始める方法

テレビ広告のようなマーケティングメッセージを伝えるものは何もありません。 テレビ放送は依然としてほとんどの人がコマーシャル番組を視聴する方法であるが、インターネットはビデオコンテンツ配信の主要な手段になる方向に急速に動いている。 ビデオ広告が地元のテレビ局や新しいビデオ志向のWebサイトにあるかどうかにかかわらず、創造的な才能を持ち、効果的なビデオ制作を目指す人が常に必要になります。 ビデオ広告ビジネスを始めることは成功へのあなたの切符かもしれません。

1。

経験を積む。 地元のテレビ局や広告代理店のアカウント担当者として働いてください。 従来の放送媒体とオンライン媒体の両方を使用したビデオ広告の制作および販売プロセスを理解する。 広告掲載のビジネス環境、およびビデオ制作をサポートするためのマーケティング予算をどのような種類のクライアントが持っているかを把握します。

2。

市場を知る あなたの地域にビデオ広告サービスのプロバイダがいくつあるかを判断します。 オンライン視聴者を探している場合は、ビデオ広告コンテンツプロバイダのビジネスモデルを評価します。 あなたの競争を評価することはあなたが合理的に満たすことが期待できるニッチを正確に理解するために不可欠です。

3。

クライアントとの関係を築きます。 真空中でメディア制作事業を始めようとしないでください。 あなたはあなたのビデオ広告サービスのマーケティングにあなたがリダイレクトできる経験とビジネス関係を利用する必要があるでしょう。 最初にフリーランスのプロデューサーまたはコンサルタントとして最初のクライアントリストを作成することを検討してください。

4。

機器に投資する。 ビデオコンテンツを提供するために必要な機器を購入してください。 あなたはプロのデジタルビデオカメラ、照明とオーディオ機器、そしてコンピューター編集ワークステーションを必要とするでしょう。 安い民生用機器が利益への近道であるように見えるかもしれませんが、専門的な機器だけが専門的な結果を生み出します。

5。

適切な人を雇います。 動画広告ビジネスを成功させるには、制作技術、コピーライティング、販売に熟練した1人以上の人が必要になります。

6。

顧客の期待を超える エキサイティングで効果的なビデオ広告のポートフォリオを構築しましょう。 クライアントはあなたの仕事についてあなたを判断します。 最初の努力があなたをよく表していることを確認してください。 あなたが本当にビデオ制作価値と創造的な実行でクライアントを感動させるならば、あなたの最後の仕事はあなたの次の仕事につながります。

7。

あなた自身の最高の顧客になりましょう。 あなたのビジネスのためのビデオ広告を作成して、あなた自身のウェブサイトやあなたのクライアントプロフィールにマッチする他のアウトレットにこれらの広告を配置してください。

必要なもの

  • ビデオプロデューサー
  • コピーライター
  • セールスアカウント担当者
  • 制作スタジオ