人材紹介事業の立ち上げ方法

一時的な配置、または人材派遣事業は、挑戦的で潜在的に有利です。 人を調整し、人的資本に伴うリスクを吸収することがすべてであるビジネスは、慎重を要することがあります。そのため、基盤を慎重に築く必要があります。 同時に、有能な人材採用担当者や経理担当役員を擁するきちんと組み立てられたビジネスは、経済や業界が景気後退や景気後退から回復し始めた頃に活気づく業界で多くを達成できます。

1。

あなたがサービスを提供したい市場を決定します。 多くの種類の企業は一時的な援助を利用しており、専門的な技能と労働力を必要とするかもしれません。 パラリーガル、看護師、事務職員、建設作業員の配置には大きな違いがあります。 それぞれに特別なニーズと要件があります。 どこから始めるかを決める必要があります。

2。

法的事業体を形成する。 弁護士または会計士との協議で決定した内容に応じて、有限責任会社、パートナーシップ、所有者、または有限責任パートナーシップを組み込んで結成することをお勧めします。 それぞれ責任と税務上の長所と短所があります。 所有権およびパートナーシップは、その地方自治体から架空の事業名を取得する必要があります。 あなたとあなたの新しいベンチャーの範囲のために働くビジネスフォームを選んでください。

3。

あなたの地方自治体から事業許可を申請してください。 あなたは異なる都市や郡で複数の事務所を運営する予定の場合。 複数のビジネスライセンスが必要になります。

4。

1年ではないにしても、何ヶ月にもわたって運用を変動させるのに十分な資金を確保する。 間接費と内部労務費の他に、派遣社員も通常 - 毎週給与を必要とする従業員であることを考慮してください。 クライアントが請求書を支払うのに時間がかかると仮定して、給与を支払う必要があります。 基本的な給与と給付金を持つ採用担当者およびアカウント管理者がいる場合は、ビジネスを構築しながらそれらを補うのに十分なものが必要になります。

5。

賠償責任保険を購入する。 あなたの臨時労働者は他の誰かの監督下にあるため、人員配置は多くのリスクを負います。 あなたは彼らの仕事を安全かつ適切にするために彼らを信頼しなければなりません、さもなければあなたのクライアントはあなたに責任を負わせることができます。 さらに、あなたの人々のうちの誰かが傷ついた場合、あなたは労働者の補償に対して責任があります。

6。

あなたが在宅ビジネスとして立ち上がっていない場合は、オフィススペースをリースしてください。 あなたは、潜在的な臨時労働者が面接し、顧客が訪問する可能性があり、あなたのスタッフが生産的に働く場所を考える必要があります。

7。

メーリングリスト、ディレクトリ、ソーシャルメディア購読、その他の潜在的な新人や顧客と連絡を取るために必要なその他のツールを購入する。 あなたの人々とコミュニケーションを取り始めるには多くの方法があり、最善のアプローチは業界によって異なりますが、すべての業界は電話やEメールをうまく処理するための特定の基本的なツールを必要としています。

8。

あなたが開始時に複数人で操作することを計画している場合はスタッフを雇います。 あなたはあなたのターゲット業界を知っていて、理想的には人員配置の経験を持っている良いセールスと募集の才能を必要とするでしょう。