会社の購入を記録する方法

会社は、顧客に転売するためにサプライヤから商品または商品を購入することができます。 製造会社は、後に完成品に変換される仕入先から生の在庫品を購入することができます。 購入は現金またはクレジットで支払うことができます。 会社がクレジットを使用して購入を行うときは、そのエントリを購入記録に記録する必要があります。 会社が現金を使用して購入する場合、そのエントリは現金支出ジャーナルに表示されなければなりません。

現金で購入する

1。

購入日を記入してください。 取引の日付を判断するために、サプライヤの請求書を確認します。 取引日の隣にサプライヤの名前を記入してください。

2。

購入金額の借方記入を作成します。 買掛金勘定以外の統制勘定への借方を示すには、[その他]列に借方を記入します。 エントリを確認して、借方の金額が購入の支払い金額と等しいことを確認します。 購入アカウントへの借方記入は会社の帳簿上の資産を増加させます。

3。

購入のために支払われた現金の金額のクレジットエントリを書きます。 サプライヤの請求書を使用して、購入に対して支払われた金額を確認します。 現金への貸方は資産勘定を減少させ、会社の現金の減少を示します。

クレジットでの購入

1。

取引が発生した日付を示します。 サプライヤの請求書を使用して、クレジット購入の日付を確認します。

2。

適切な購入アカウントに借方記入を記録します。 たとえば、500ドルのサプライ品を購入すると、サプライ品列に500ドルの借方が表示されます。 このエントリは、会社資産の増加を示しています。

3。

買掛金列にクレジットエントリを作成します。 たとえば、事務用品を500ドルで貸し出して購入した場合、500ドルで消耗品を借方に記入し、会社は買掛金の欄に500ドル相当のクレジットを入力する必要があります。 この入力により負債が増加します。つまり、会社には借金を支払う義務があります。

必要なもの

  • 現金支出ジャーナル
  • 購入ジャーナル