間接法でキャッシュフロー計算書を作成する方法

キャッシュフロー計算書は、営業、投資、資金調達の3つのセクションで構成されています。 企業は投資活動および財務活動を現金ベースで直接報告しますが、営業活動の報告には間接的な方法を使用することがよくあります。 営業活動には、多くの会社が発生主義で計上する現金および非現金取引の両方が含まれます。 営業活動の詳細な現金記録がないと、営業活動の現金取引をキャッシュフロー計算書に直接報告することが困難になる可能性があります。 したがって、キャッシュフロー計算書を作成する際に、企業は未収純利益を調整して営業活動に適切な現金金額を間接的に導き出すことがよくあります。

1。

現金以外の費用を差し戻します。 キャッシュフロー計算書を作成するための間接的な方法は、営業活動における非現金純利益を実際のキャッシュフローに変換することを目的としています。 当期純利益に現金以外の費用が含まれている場合は、調整前の実際のキャッシュフローを控えています。 現金以外の費用の例としては、減価償却費、買掛金の負債によって賄われる費用、在庫資産または前払費用によってカバーされる費用があります。 純利益をキャッシュフローに変換するために、会社は減価償却費、買掛金の増加、在庫または前払費用の減少を純利益に加算します。

2。

現金以外および営業外の収益を控除します。 企業は、売上げを売掛金の非現金収入として報告することがあります。 当期純利益に現金以外の収入が含まれる場合は、調整前の実際のキャッシュフローを過大評価します。 純利益をキャッシュフローに変換するために、会社は純利益から売掛金の増加分を差し引きます。 純利益には、投資売却益などの営業外収益も含まれる場合があります。 ただし、営業外収益のキャッシュフローは、キャッシュフロー計算書の営業外セクションに報告する必要があります。 たとえば、投資売却益は投資キャッシュフローとして報告されます。 二重計算を避けるため、営業外収益は純利益から控除されます。

3。

収益に関連しない現金収入を含めます。 営業活動による特定の現金取引は収益に関連しないため、純利益には含まれません。 たとえば、企業が顧客が商品またはサービスの将来の配達のために前払いするときに現金を受け取りますが、その支払いを収益として記録しません。 その代わりに、企業は顧客の前払いを負債の未経過収益として計上しています。 当期純利益がそのような現金収入を計上していない場合は、調整前の実際のキャッシュフローを控えめにしています。 純利益とキャッシュフローを調整するために、企業は純利益に未経過収益の増加分を加算します。

4。

費用に関連しない現金支払いを引きます。 営業活動による特定の現金取引は費用に関連しないため、純利益から控除されません。 企業は現金で在庫を購入し、将来の費用の前払いをしたり、支払期日になった場合は買掛金を支払うことができます。 これらの現金支出は費用として計上されていませんが、たな卸資産の資産と前払費用を増加させ、買掛金の負債を減少させるために使用されています。 当期純利益がそのような現金支払いを考慮に入れていない場合、調整前の実際のキャッシュフローを過大評価しています。 純利益とキャッシュフローを一致させるために、企業は純利益から費用以外の現金支払いを差し引きます。

必要なもの

  • 当期損益計算書
  • 比較貸借対照表