Macをマルチブートする方法

あなたの会社がMac OS XやWindowsのような複数のプラットフォーム用のアプリケーションの開発を扱うなら、あなたはあなたのアプリケーションを走らせるためにテスト環境が必要です。 ワークステーションでこれを実現する1つの方法は、マルチブート環境を設定することです。つまり、コンピュータは、インストールされている複数のオペレーティングシステムの1つを起動できます。 AppleのBoot Campユーティリティを使って、Mac OS X、Windows、またはLinuxで起動するようにMacを設定できます。

1。

メインの「Finder」メニューで「移動」、「ユーティリティ」、「ディスクユーティリティ」の順にクリックして、「ディスクユーティリティ」ウインドウを開きます。

2。

左側のメニューからハードドライブを選択し、次に[パーティション]タブを選択します。 パーティションテーブルの下にある「+」記号をクリックし、パーティションテーブルの画像のスライダーツールを使用してパーティションサイズを変更します。 ゲストOSのドキュメントをチェックして、新しいパーティションに十分なスペースを確保してください。

3。

目的のオペレーティングシステムに合わせて、[名前]テキストボックスでパーティションの名前を変更します。 [フォーマット]テキストボックスからファイルシステムの種類を選択します。 追加のMac OSインストールの場合は、「Mac OS Extended」を選択してください。 Windowsの場合は、「MS-DOS」を選択してください。 Linuxシステムの場合は、[空き容量]を選択します。

4。

「適用」をクリックしてください。

5。

Boot Campを使ってゲストWindows 7パーティションをインストールします。 Windows 7のインストールCDをMacのディスクドライブに挿入します。 「ユーティリティ」フォルダにある「Boot Campアシスタント」を開きます。 Boot Campウィザードの指示に従って、Windows 7 Support Softwareをダウンロードし、Windows 7をインストールするオプションを選択します。Boot Campは、必要なWindows 7ソフトウェアをダウンロードします。これは、ディスクに書き込むか、外付けハードドライブに保存できます。 次のパーティション画面で、Windowsユーティリティとして使用するディスクユーティリティで作成したパーティションを選択してから、[インストール]ボタンをクリックすると、インストールプロセスが開始されます。

6。

UbuntuなどのLinuxディストリビューションを代わりにインストールするには、Linux Live CDを使用してください。 パーティションを作成したら、LinuxのインストールCDをディスクドライブに挿入し、Macを再起動して起動中に「C」キーを押したままにして、Macをディスクから起動させます。 Linuxのインストールディスクが引き継ぎ、パーティションの読み込みとインストールの処理を行いますので、作成したパーティションをゲストOSのパーティションとして使用するだけです。

必要なもの

  • 追加のWindowsまたはLinuxオペレーティングシステム用のインストールCD

警告

  • Appleはマルチブート用にMac OSとWindows 7オペレーティングシステムのみをサポートしています。 特定の種類のLinuxディストリビューションをインストールするために必要な手順を必ず調べてください。