靴屋に必要なスタートアップ在庫量

靴屋のオーナーは、スタートアップ在庫の在庫管理に関して微妙なバランスをとる行動に直面します。 始めたばかりの中小企業は、在庫ニーズを予測するために概ね見積もりに基づいています。 堅調な売上データは、新興の靴店にとってはなかなか得られないかもしれませんが、在庫の在庫について賢明な決断を下すことは、会計帳簿を黒字に保つのに役立ちます。

戦略

会社の事業計画は、初期在庫開始費用の枠組みを示しています。 たとえば、レンガ造りの靴の靴屋のニーズは、オンライン専用プラットフォームの靴のビジネスとは大きく異なります。 高級婦人靴を専門とするブティックは、家族全員に履物を提供するオンラインショップよりも手元の在庫が大幅に少なくて済みます。 顧客基盤と会社の目標を知ることは、在庫ニーズの基本的なパラメータを定義するのに役立ちます。

費用

在庫ニーズが大きい靴事業者は、まとめて購入することが有益であると思うかもしれず、それにより1ユニット当たりの値段が低くなります。 卸売業者はしばしば同じ種類の履物を大量に購入することで商人に割引を提供する。 販売量が少ない専門店では、販売開始時にまとめて購入する必要がないため、一般に1口当たりの卸売原価が高くなります。 ただし、専門市場をターゲットにしている靴屋では、1売上あたりの利益率が高いことがよくあります。 これは、靴の在庫品が売​​れば、再販のために商品を購入する際の当初の高い投資コストを相殺します。

選択

色、サイズ、幅、および形はすべて、将来の靴購入者に影響を与えます。 顧客の嗜好に関する市場調査を使用すると、店のオーナーが在庫する靴の適切な種類を判断するのに役立ちます。 地理、気候、地域の労働市場は、顧客が何を買おうとしているのかについての手がかりを提供します。 たとえば、ビーチに近い店ではサンダルの在庫を確保する必要がありますが、山岳地帯ではブーツを購入することをお勧めします。 多くの人が特に仕事のために靴を買うので、その地域で人気のある職業に適した靴の在庫を維持することは有益である可能性があります。

販売目標

在庫を適切にストックするための秘訣は、靴の売上を正確に予測することです。 初期費用を節約するために在庫を低く抑えることは、ビジネスの喪失や不幸な顧客につながる可能性があります。 在庫を過剰在庫にしたり、売上を過大評価したりすると、売れ残った商品からお金を失う危険性があります。 より幅広い品揃えで顧客を魅了するために商品を過剰在庫にすることは魅力的ですが、四半期ごとに在庫を評価し、驚異的な補充を検討してください。 四半期ごとの全体的な売上を評価することで、事業主はより売れそうな商品を補充することができます。