小規模酒屋にはどのくらいの在庫を推奨しますか。

事業主は酒業界は不況に強いと冗談を言っていますが、売れない在庫のある店の棚には大した笑いは見られません。 小さな酒屋にどのくらいのスタートアップ在庫が推奨されるかについて学ぶことは、時間とお金を節約するのに役立ちます。 卸売アルコールの価格は、アルコールの種類、品質、入手可能性、購入量によって大きく異なります。 多種多様で入手可能な製品のコストにもかかわらず、酒類店の新興企業は、事業計画、使命声明および予算に基づいて購入することによって在庫を適切にストックすることができる。

事業計画

酒屋を開くには、しっかりした事業計画と品揃えの豊富な棚が必要です。 専門店は大規模店舗よりも売上高回転率が低くなりますが、それぞれについて、店舗在庫を適切にストックするには、商品、市場、および店舗が引き付ける顧客の種類に関する知識が必要です。 事業計画を使用することによって、新興の酒屋は、彼らの計画の市場調査、任務、販売目標および予算に基づいてスマート在庫購入をすることができます。 アルコールを販売する店は、免許を取得して保持するための立ち上げ費用に直面するため、在庫費用はできるだけ予算に沿って管理する必要があります。 同時に、販売促進のために競争力のある製品を顧客に提供することが重要です。

変動要因

酒屋の大きさ、場所、および希望する顧客基盤は、スタートアップのための在庫を選択するときに大きな役割を果たします。 繰り返しの顧客基盤を確立することを望んでいるより小さいワインショップは、人気のために評価された様々な価格帯の厳選されたワインと高級ワインのより少ない選択を選ぶべきです。 より広い市場にサービスを提供することを計画している大規模な酒供給店の所有者は、在庫の選択と量を望ましい種類の製品、予算および現地販売調査に基づいて決めるべきです。 国営酒類の免許では、在庫のある在庫を一定の範囲内または商品の種類内に収めることを所有者に要求することが多く、所有者は認可された卸売業者からのみアルコールを購入します。

在庫コスト

ハイエンドの専門店では、製品の価格が高いために初期費用が高くなりますが、最終的には製品販売の利益率が高くなる可能性があります。 所有者は予算に固執し、ビジネスの見積もりニーズに基づいて利用可能な製品と価格を調査する必要があります。 アルコールのコストの変動が大きいことを考えると、所有者は現実的な販売目標、推定売上高、および顧客の魅力に基づいて店を仕入れなければなりません。

注意の言葉

小売業のアルコール産業の性質を考えると、より多くの顧客を引き付けることを期待して、初期在庫コストに追いつくのは簡単です。 酒屋のスタートアップは在庫を購入する前に酒類免許を取得しているはずです。 州法では、所有者が免許を取得した販売業者から商品を購入することが義務付けられていることが多く、ビールやワインの購入と酒類の購入とでは制限が異なる場合があります。 州の購入ガイドラインに精通している中小企業の所有者は、潜在的な遅れや製品購入の間違いを避けることができます。