中小企業ではどれだけの純営業損失を引き継ぐことができますか?

ほとんどの事業主は損失で1年が終わるのを避けたいと望んでいますが、多くの中小企業は不採算年のシェアを持っています。 ただし、課税時期が近づいたときに損失を計上すると、純営業損失の控除を提供することで、他の収益性の高い年度に税務上の利益をもたらすことができます。 事業の税務上の取扱いに基づく正味営業損失控除の繰越には、いくつかの制限が適用されます。

唯一の所有者

税法は、一人の所有者を彼女の事業と同じ主体として扱います。 これは、一人の所有者が個人的な納税申告の一環として事業所得または損失を計算することを意味します。 個人事業主は、その他の経常利益から事業純営業損失を差し引くことができます。 個人がマイナスの所得を示す納税申告書を提出することはできませんが、個人事業主は他の所得を超える純営業損失を引き継がなければなりません。

パートナーシップとS社

個人事業主と同様に、S社のパートナーおよび株主は、自らの事業所得、損失、控除額および控除額について、それぞれの納税申告書について報告しています。 しかし、単独の所有者とは異なり、S企業のパートナーまたは株主は、ビジネスにおける彼女の調整後の基準を追跡する必要があります。 調整後基準の計算は複雑になる可能性がありますが、一般的に、控除、クレジット、および引き出しによって基準が減少する一方で、収入は基準を増加させます。 S社のパートナーおよび株主は、純営業損失をその基礎額までしか控除することができず、その超過分を別の年度に引き継ぐことができます。

C法人

従来のC企業は、純営業損失を直接株主に譲渡していません。 その代わりに、C社はより損失の大きい年を相殺するために損失を利用しています。 純営業損失は法人の税金額を最大で損失額の40パーセントまで減らすことができるため、純営業損失を将来の年度まで計上する企業は通常、損失の税務上の利益を帳簿上の資産として計上します。

制限事項

税法は、純営業損失の繰越について特定のドル限度を規定していません。 通常、純営業損失は、損失が報告されるとすぐに2年間まで自動的に繰り越されて税金の払い戻しが行われます。過去2年間のうちの1年間が利益を上げたと仮定します。 あなたがあなたの小企業が近い将来高い税率で稼ぐと信じるならば、あなたは繰り越しを見送るのを選ぶかもしれません。 その後、損失を最大20年間繰り越すことができます。 純営業損失に対する唯一のドルの制限は、損失の前の3年間および損失後の20年間に控除額を使い切るために十分な収入を生み出すことができることです。