ランドリー事業を始めるのにいくらかかりますか?

誰もが定期的に衣類を掃除する必要があるので、洗濯事業を始める起業家は彼らの製品に対する保証された需要を期待するかもしれません。 しかし、立ち上げには多大な費用がかかる可能性があります。あなた自身の小規模な洗濯ビジネスを始めるには、その場所、機器や資金調達の選択、そして賃貸やリースよりも所有する事業の量によって、25万ドルまたは100万ドル近くになるでしょう。 。

建築コスト

建物の費用には、施設の価値および改造の費用が含まれます。建物がもともとコインランドリーではなかった場合は、新しい洗濯機能に対応するために、新しい配水管、電気コンセント、下水道へのアクセスの取り付けが必要になることがあります。 コインランドリーの平均スペースは20万ドルから50万ドルで、敷地の改装にはさらに10万ドルかかる。 すでに機能しているランドリー事業を購入している場合、あなたの費用は単にその事業の価値であり、成功や場所によって異なります。

材料費および人件費

あなたは洗濯業のために機器を購入するかリースするかのどちらかのオプションを持っています。 市販の洗濯乾燥装置の価格は、その装置の洗練度とあなたのコインランドリーの大きさに応じて、15万ドルから45万ドルの範囲です。 コインランドリーは人員の注意をほとんど必要としませんが、ドライクリーニングビジネスで成功するにはフレンドリーで有能なスタッフが必要です。 あなたの人事ニーズを評価し、それをあなたの立ち上げコストに加える:コインランドリーの従業員は賃金で働くかもしれませんが、ドライクリーニング店は給料が必要な場合があります。

ライセンス費用

洗濯業の経営者は、営業前に複数の免許を取得する必要があります。 一般的な事業許可に加えて、食品を提供する予定がある場合は、水質汚濁防止許可、標識許可および保健部からの許可が必要になる場合があります。 一部のコインランドリーでは、自動販売機から食べ物を提供しています。 許可価格は郡ごとに異なりますが、重要な場合があります。

資金調達コスト

自身の洗濯事業を開始する起業家は、伝統的な融資またはビジネスパートナーからの投資を通じて事業に資金を供給することができます。 投資家は、利子の支払いと引き換えに、パートナーシップまたは事業の部分的支配を要求するため、投資は当初ローンよりも安くなります。 しかし、あなたの長期的な利益はあなたが獲得するすべてのパートナーとともに減少します。 メーカーは貸し手からお金を取得し、さらに高い金利であなたにお金を貸しているため、洗濯機器の製造業者からの自社融資は最も高価な融資の選択肢です。 支払利息の合計を常に初期費用に考慮してください。