UPS WorldShipを新しいコンピュータに移行する方法

WindowsベースのUPS WorldShipソフトウェアは、インストールされているコンピュータ上のデータベースを使用して、ラベル印刷、通関書類、出荷報告などのUPS出荷機能に必要なアカウントおよび連絡先データにアクセスできるようにします。 UPS WorldShipは単一のワークステーションにインストールすることを目的としていますが、単一のユーザーまたはワークグループのキャパシティで動作するように構成して、複数のユーザーが出荷機能にアクセスすることができます。 ソフトウェアを新しいコンピュータに移行するときは、まずソフトウェアのエクスポート機能を使用して、UPSデータベースとWorldShipデータを古いシステムから保存する必要があります。

1。

古いコンピューターでWorldShipソフトウェアを起動します。

2。

[データの管理]メニューから[WorldShipデータを別のコンピュータに移動する]をタップまたはクリックします。

3。

[バックアップ]をタップまたはクリックしてから、[参照]をクリックして、WorldShipファイルをバックアップするフォルダに移動して選択します。 [OK]をクリックしてから[終了]をクリックします。

4。

バックアップフォルダを保存した場所に移動し、新しいコンピュータからアクセスできる場所にコピーまたは保存します。 フォルダをフラッシュドライブに保存する、Googleドライブのようなクラウドストレージサーバーにアップロードする、フォルダのZIPアーカイブを作成して自分自身に電子メールで送信するなど、さまざまな方法でこれを実行できます。

5。

新しいコンピュータにWorldShipソフトウェアをインストールします。古いコンピュータで使用していた場所と同じ場所を新しいコンピュータにインストールします。 たとえば、古いコンピュータにC:\ Program Files \ UPSにインストールした場合は、新しいコンピュータにも同様にインストールするようにしてください。 インストール場所が一致しないと、データは正しく転送されません。

6。

UPS WorldShip設定ウィンドウの[WorldShipデータの移動を終了する]の横のチェックボックスをオンにします。

7。

WorldShipデータの移動が完了しましたウィンドウで[参照]をクリックし、古いコンピュータに保存したバックアップフォルダに移動して選択します。

警告

  • UPSは、古いコンピュータからデータをエクスポートするために「アップグレード前にWorldShipデータをコピー(バックアップ)」コマンドを使用しないことを推奨します。 このコマンドは誤ったパスを生成し、転送は正しく完了できません。