Excelで元帳勘定を試算表ワークシートに移動する方法

Microsoft Excelワークシートを使用すると、決算処理中に総勘定元帳勘定科目を試算表ワークシートにまとめることができます。 現在の残高を確認して元帳の残高を確認する必要がある場合は、最初のステップとして試算表を使用します。 各残高を確認し、残高が正しくないと思われる場合はアカウントの詳細を確認します。 必要な変更について試行残高を確認した後に調整エントリを転記します。

1。

新しいExcelスプレッドシートを開きます。 セルA1に「アカウント」を入力します。 セルB1に「借方」、セルC1に「貸方」を入力します。

2。

各アカウント名を列Aの個別のセルに入力します。たとえば、セルA2に "Office Expenses"、セルA3に "Repairs and Maintenance"を配置し、すべての経費アカウントが表示されるまで列 "A"から続けます。

3。

適切な列に各口座の残高を入力します。 アカウントにクレジット残高がある場合は、[クレジット]列に表示します。 口座に借方の残高がある場合は、[借方]列に記入します。

4。

「B」列の一番下に「= sum(」と入力し、列内のすべての行を強調表示します。たとえば、30の元帳勘定がある場合、式は「= sum(B2:B32)」と表示されます。元帳のバランスが取れていれば、貸方と借方の合計が一致するはずです。