唯一の所有者からS-Corpに移行する方法

あなたのビジネスが拡大するにつれて、あなたはそれが唯一の所有者の事業構造を凌いだことに気付くかもしれません。 彼らはビジネスを始めるための最も早くそして最も安価な方法であるので、多くのビジネスは唯一の所有者として始まります。 個人事業主にはいくつかの大きな不利益があります。 所有者は1人だけなので、新しい投資家で事業を拡大することはできません。また、事業の債権者に対して個人的な責任を負うことになります。 S社に変換すると、個人的な責任を負うことなく事業を運営し、会社の株式を売却して所有権を拡大することができます。

1。

あなた自身とあなたのS社の新しい所有者のための株主契約を起草します。 契約書には、あなたの会社の株式の議決権と管理権が記載されています。 あなたが他の所有者のための現在の計画を持っていなくても、これは良い考えです、それらの要因は会社の将来に関連があるかもしれないので。

2。

あなたが法人化する州の州務長官に法人化証明書を請求してください。

3。

設立証明書に必要事項を記入し、州務長官に返却してください。

4。

Form 2553「Small Business Corporationによる選挙」を内国歳入庁に提出してください。 あなたの提案されたS法人のすべての株主は、あなたがIRSでS法人の地位を選択することを可能にするフォームに署名しなければなりません。

5。

あなたの名前からS社にすべてのビジネス請求を転送してください。

6。

あなたが所有しているすべての資産を、新しく設立されたS社に売却する。 事業資産の会計価値を使用するようにしてください。 これにより、売却は事業への資本拠出として認められるため、キャピタルゲインまたはキャピタルロスは発生しません。

7。

メール通知 - あなたの現在の事業所の州務長官と地方税務署の事務所に - あなたはあなた自身の所有権を閉じました。