Excel 2010で平均を移動する方法

Microsoft Excel 2010のAVERAGE関数は、系列の算術平均を計算します。これは、その合計を系列内のアイテム数で割ったものです。 系列の各数値が異なる場合、平均は新しいデータ項目ごとに異なります。 これにより、元の系列の移動平均を追跡する2次系列が形成されます。 移動平均はデータ内の傾向を明らかにします。 たとえば、スプレッドシートでビジネスの変化する在庫を追跡している場合は、移動平均を使用して、毎月末に理想の在庫レベルを決定できます。

1。

Excelのリボンの[ファイル]をクリックします。

2。

画面左側の[オプション]をクリックして[Excelのオプション]ウィンドウを開きます。

3。

ウィンドウの左ペインで[アドイン]をクリックします。

4。

[Excelアドイン]というラベルの付いたドロップダウンボックスの横にある[移動]というボタンをクリックして、[アドイン]ウィンドウを開きます。

5。

[解析ツールパック]というラベルの付いたボックスをオンにします。 [OK]をクリックしてください。

6。

Excelのリボンの[データ]をクリックします。

7。

[解析]グループの[データ解析]をクリックして[データ解析]ウィンドウを開きます。

8。

[データ分析]ウィンドウで[移動平均]を選択します。 [OK]をクリックして[移動平均]ウィンドウを開きます。

9。

「入力範囲」というラベルの付いたテキストボックス内のボタンをクリックします。 移動平均を計算するデータをクリックして選択します。

10。

「出力範囲」というラベルの付いたテキストボックス内のボタンをクリックします。 移動平均を表示するセルをクリックして選択します。

11。

[間隔]というラベルの付いたテキストボックスに値を入力します。 この値は、各平均が考慮しなければならない数値の数を表します。 たとえば、各平均で前の3つの数値の平均を計算する必要がある場合は、「3」と入力します。

12。

[OK]をクリックしてください。 Excelは系列の移動平均を挿入します。