射出成形プラントの設定方法

射出成形工場は、材料加工工場の一種です。 射出成形工場は、生のプラスチックを使用し、それを成形して他の最終用途向けの部品を製造する二次加工業者として機能することができる。 二次プロセス射出成形プラントの一例は、より複雑な製品を製造する工場に成形プラスチック部品を提供する会社である。 プラスチック加工業者はまた、消費者のために準備ができている品目を製造する三次レベルの製造業者でもあり得る。 プラスチック製の台所用品を製造する会社は、三次射出成形工場の代表的な例でしょう。 会社が製造する製品に関係なく、工場の床面積、機械や射出成形機を稼働させるのに十分な電力、および製品を製造するのに必要な生のプラスチックが必要になります。

1。

あなたのビジネスが売る射出成形プラスチック製品のタイプのための最終計画へのコミットメント。 製品を作成するために使用されるプラスチックの寸法と種類は、射出成形機の購入決定に直接影響します。

2。

射出成形工場を立ち上げるためにどのくらいの投資資本が利用可能かを決定します。これは、利用可能な施設の規模およびあなたのビジネスが許容できる射出成形機の大きさに直接影響するためです。

3。

射出成形機の製造業者に連絡して、製造に必要な最終製品の種類と製造装置に使用可能なおおよその予算の仕様を問い合わせてください。 会社はそれからどのモデルがあなたのビジネスの特定の必要性に最もぴったり合うか提案します。 適切なモデルを比較するために複数の会社に連絡してください。 あなたの会社が注文しようとしているモデルを決定します。

4。

産業調達の経験を持つ不動産業者に連絡し、あなたの会社が選択した射出成形機のモデルのサイズとエネルギー要件に適した生産施設を確保してください。 製造施設を選択し、リースまたは購買契約を確定したら、射出成形機を注文します。

5。

バルクプラスチックサプライヤに連絡して、契約を競う最高の会社から契約を獲得します。 各サプライヤー企業の実績を調査する。 会社があなたのビジネスの原料の量の要求に追いつくことができなければ低入札は何もしない。

6。

完成品のサンプルを作りましょう。 これらの初期のサンプルを作成することは、スタッフが低ストレスの状況で機械に慣れ、本番稼働を開始する前に問題を解決するのに役立ちます。 サンプルはまた潜在的なディストリビューターへのマーケティングプレゼンテーションのためのプロトタイプを提供するでしょう。 工場が稼働を開始したら、マーケティングと生産に移ります。

必要なもの

  • ベンチャーキャピタル

ヒント

  • 生プラスチックの備蓄を収容するのに十分な大きさの工場生産施設を借りる。 これはサプライチェーンの混乱が生産を制限するのを防ぎます。
  • 射出成形工場を開設するには、管理監督が必要になります。 マーケティングとスタートアップの間であなたの注意を分けるよりも、あなたが工場を立ち上げそして稼働させることに集中している間、遠近法の代理店を裁判にかけるためにコンサルティングマーケティング担当者を雇うことを検討してください。

警告

  • あなたの会社が購入する射出成形機が、工場施設で利用可能なレベルの電気インフラストラクチャで動作できることを確認してください。